ここから本文です

映画『人間の値打ち』:格差社会に起きる事件を描いたサスペンス

ローリングストーン日本版 10/7(金) 10:00配信

格差社会に起きる事件を描いたサスペンス。

"人間の値打ち"と聞き哲学的な話を連想したが、原題は経済学で使われる"人的資本"で"人間の値段"的な意味。ひき逃げ事件の犯人を追うサスペンスであり、周辺を描いた人間ドラマだ。
 
学校主催のパーティで甲斐甲斐しく働くベテラン・ウェイター。事故が起きるのはその帰り道だ。彼の乗った自転車が車と衝突し、意識不明の彼を残し車は去る。場面は転換。娘をボーイフレンドの家に送り届ける不動産屋。そこは町でも有名な豪邸で、娘をエサに何かを企んでいる様子。
 
4章から成り、面白いのは章が進むにつれ関連性が明らかになるだけでなく、一人一人の人格が前段とは別ものに見えてくるところ。大金持ちから貧乏人までいろんな階層の人たち。格差社会の縮図のなか物語は描かれる。

【動画あり】映画『人間の値打ち』:格差社会に起きる事件を描いたサスペンス

『人間の値打ち』
監督/パオロ・ヴィルズィ
出演/ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ、ファブリツィオ・ベンティボリオ
10月8日(土)より、Bunakamuraル・シネマほか全国ロードショー
http://neuchi-movie.com/

Noriko Yamashita

最終更新:10/7(金) 10:00

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。