ここから本文です

優秀なリーダーは自分を出世させてくれる部下を持つ

JBpress 10/7(金) 6:10配信

 「上司から評価されたい」

 これはいつの時代も組織の中で働く者であれば、少なからず抱く欲求である。あなたが評価されたいと思っている上司、その上司もまた上司から評価されたいと思っている。

 そのため、上司から評価されたければ、上司がその上の上司から評価されるよう貢献すればいい。そのためにはまず上司が会社から求められている役割と責任を理解する必要がある。

 そして、上司がその役割と責任を全うできるように部下として貢献するためにはどうすればよいかという視点を持ちながら、与えられた個々の仕事をする。

 上司が部長であれば、部がどうなれば上司は高く評価されるのか。営業部であれば部全体の売り上げを最大化することは部長の評価につながることであろう。

■ 上司が評価を受ける部下の働き方

 であるならば、部全体の売り上げを最大化するためにはどうすればいいのか。自分の売り上げを部の売り上げの一部と捉え、自分の売り上げを最大化することを目的とするのではなく、部全体の売り上げを最大化することを目的とする。

 その目的のためには自分はどういう動き方をすればいいのかを考える。例えばそういった発想で、上司がその上の上司から評価されるために部下としてできる貢献を考える。

 ビジネスはお客様の立場に立って、お客様のニーズを考え、そのニーズを満たすためのお役立ちをすることで対価を得ることである。それは社内の人間関係についても同じである。

 相手の立場に立って、相手のニーズを満たすお役立ちができれば、相手からの評価は上がる。上司からの評価を上げたければ、上司の立場に立って、上司のニーズを考えることは基本中の基本であるが、それができている部下は果たしてどれだけいるだろうか。

 与えられた仕事をするというミクロの視点だけを持って仕事をする人間。

 上司の役割と責任を理解し、それを上司が全うできるようにするためにはどうすればいいかということも考えながら与えられた仕事をする人間。

1/3ページ

最終更新:10/7(金) 6:10

JBpress

記事提供社からのご案内(外部サイト)

JBpress PremiumはJBp
ressが提供する有料会員サービスです。
新たな機能や特典を次々ご提供する“進化
するコンテンツ・サービス”を目指します。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。