ここから本文です

フリー素材としてネット広告でやたらと見かける謎のモデルの正体は?

週プレNEWS 10/7(金) 6:00配信

インターネットを見ていると、広告欄に出てくるやたらおっぱいの大きな女のコ。ドキドキしてクリックすると転職サイトなど、まったく別のサイトに飛ばされる…。

【写真】フリーモデル・茜さやちゃんの素顔

調べたところ、そのコは茜(あかね)さやちゃんといい、事務所に所属せず、しかもフリー素材のモデルだという。一体、どんなコなのか? 本人を直撃した!

* * *


―この世界にはどうやって入ったの?

茜 17歳の時に、バイトで30万円ためて東京へ出たんです。初めての水着のお仕事は、3年前にやったバリ島のホテルのイメージガール。それからミスヤングチャンピオンに応募して、ファイナリストになりました。

―芸能事務所に誘われたりしなかった?

茜 声をかけられて契約書を見たんですけど、条件があんまり良くないなと。事務所に入ったら制限もあるし、フリーでいいやと。

―普段はどんなお仕事を?

茜 撮影会をやったり、知り合いに紹介してもらったり。あとは一昨年、ダーツのイメージガールのグランプリになったんです。それで全国のダーツイベントに出てます。あまり贅沢(ぜいたく)はできないけど、バイトせず暮らせてますね。

―それはすごい! そしてフリー素材のモデルになったきっかけは?

茜 知り合いの紹介です。最初は悩んだんですよ。フリー素材になることで、知ってもらえる機会は増えるけど。無料だし、自分の価値が安くなっちゃわないかなって。

―でもやったおかげで、かなり話題になったよね。

茜 友達から「ネットニュースとかによく出ているけど何か悪いことでもした?」って連絡が来ました(笑)。

―ネットニュースは、記事と広告が並んで表示されることが多いから、誤解されるかも。で、おっぱいがすごい例の写真はどんな経緯で?

茜 せっかくグラビアをやっているし、胸を強調したフリー素材を作ろうと。でも谷間を出しちゃうのはNGらしく、いろいろ考えて、タイトな服でいこうと。パイスラもやったらすごく評判よかったです(笑)。

―画面に表示されてると思わずクリックしちゃいます。

茜 おかげで「うちの会社用に別の写真を撮りたい」って話が来たり。あと、10月からある企業の広告に出る予定です。フリー素材になったおかげで仕事が増えました。もし事務所に入っていたら、こうならなかったと思います。



■ツイッターでよく炎上してます

―ひとりでやってると、いろいろと大変じゃないの?

茜 ギャラの請求書を自分で書いたり、イベントをやるときは知り合いに手伝ってもらったり…。マネジャーが欲しいです。

―フリーでいて危ないことってないの?

茜 よくあります。仕事を紹介してあげるって言われて、ご飯に行ったら、ホテルへ連れ込まれそうになったり。部屋で宣材写真を撮るからって。あとは○○のグランプリにしてあげるって話もよく聞きますね。

―すげえ。そんなこと現実にあるんですね。

茜 まあフリーなので、イヤだったら断れるし、あとは何か困ったことがあったら、すぐにツイッターに書いちゃいます。事務所に守られていないけど。ファンの方が力になってくれるんです。でも自由に書きすぎて、月イチぐらいで燃えてます(笑)。

―炎上キャラ!

茜 言われるとすぐ言い返しちゃうんですよ。「何も知らない人が言ってる、ワラ」とか。スルースキルがなくて(笑)。エゴサも好きで、私の画像をまとめてた人がいて、「AVに出てそう」って書き込みがあったので、「残念ながら出てません」と反応しちゃったり。

―放っておけばいいのに。

茜 でもその後、フォロワーさんが400人も増えたんですよ! 私、吉田豪さんが大好きなんです。前にツイッターで炎上しちゃったのを豪さんがリツイートしたり、フォローしてくれたり。私、何かを書くときは豪さんが起きてそうな時間にしてます。

―吉田さん、そういう案件大好きだからなあ。ちなみに、おっぱいについて言われるのはどうなの?

茜 昔はコンプレックスでした。中学ではFなのにEカップのブラをしたり。特に体育の時間はイヤでしたね。男子によくからかわれて。

―それが今は大きな武器になってますよ!

茜 でもずっとグラビアは細いコしかやれないと思っていたんです…。ヤンチャンでファイナリストになって考え方が変わりました。胸は隠さなくていいんだって。恥ずかしくなくなりました!

―素晴らしい! これからはどんなことをしたい?

茜 まずは2本目のDVDを出したいです。あちこちからオファーがあるんですけど、着エロみたいなものばかりで…。海外に連れていってくれるけど、ほぼ全裸とか。ギャラもいいし、箔(はく)がつくけど。あんまり下品じゃないのがいいです。

―週プレとかいかがです?

茜 そうですね。前にFLASHさんで、緊縛モノのグラビアをやったんです。誌面だったらいろいろできるかなと…。

―おおぅ、それは楽しみですね。

茜 これからもいろんなことをするので、見守っていてほしいです!



●茜(あかね)さや
1993年5月20日生まれ、静岡生まれの広島育ち。B93(Gカップ)W68H88。ミスiDファイナリスト。彼女のフリー素材は『ぱくたそ』からダウンロード可。最新情報はツイッター【@sayahana1】をチェック!

(取材・文/関根弘康 撮影/武田敏将[インタビュー])

最終更新:10/7(金) 14:01

週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊プレイボーイ

集英社

No.51
12月5日(月)発売

特別定価470円(税込)

トランプが仕掛ける新条約が鬼すぎ!/アス
トンマーティンCEOを独占直撃!/スマホ
3大キャリアを卒業しよう【グラビア】馬場
ふみか/鈴木ふみ奈/松本愛/三城千咲 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。