ここから本文です

「肉のハナマサ」が貢献?「ジャパンミート」が4期連続最高益更新へ

HARBOR BUSINESS Online 10/7(金) 9:10配信

 9月13日に発表された、「ジャパンミート」の2016年7月期連結決算は、売上高は6%増の971億円で、連結経常利益は前期比20.6%増の42.8億円、純利益が前の期比38%増の25億円となった。2017年7月期も前期比2.4%増の43.9億円に伸びを見込み、4期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。新設した食肉加工場を活用してコスト削減を進め、特定の商品を大量に仕入れて低価格で販売する戦略「異常値販売」で、既存店売上高もおおむね好調に推移した。(参照:平成28年7月期決算短信※pdf)

 ジャパンミートは、1978年設立で、関東圏、主に茨城県を中心として店舗を展開するスーパーマーケットチェーングループで、2016年4月21日に東京証券取引所市場第二部に上場を果たしている。

 各店舗で、「異常値販売」と呼ばれる、特定の商品を大量に陳列して顧客にアピールする販売を定期的に実施するのが「ジャパンミート」の大きな特徴である。「異常値販売」とは、単品大量販売を意味する。また、ジャパンミートの加工物流センターでの大量・効率的な精肉加工、店内での精肉加工などで売れ筋に対応した商品を速やかに提供し、販売機会のロスを削減している。さらに、加工物流センターには冷凍・冷蔵機能を備えた商品を大量に備蓄できるキャパシティがあり、単品の大量かつ効率的な精肉加工など効率的な販売ができる体制を支援している。

 4期連続の過去最高益更新にはこうした戦略が功を奏したこともあるのだろうが、もう一つ大きな要因がある。

◆ジャパンミート好調の影の立役者

 主に茨城県を中心として関東圏で展開しているスーパーマーケットチェーン、ジャパンミートの好調の要因。それは「肉のハナマサ」だ。

「業務用スーパー」・「プロ仕様の店」というキャッチコピーで都内を中心に50店舗を展開している「肉のハナマサ」を運営する花正は、1961年にスーパーマーケット事業を開始し、1983年に業務用スーパーの一号店を銀座にオープン。その後、1998年には24時間スーパーを秋葉原でスタートした社歴を持つ。「肉のハナマサ」は現在、飲食店などの業者および一般個人を対象とするスーパーマーケットであり、また、深夜向けの店舗を想定して、24時間営業の店舗も多いことでご存知の方も多いだろう。

 2008年に、中国産冷凍食材の薬物混入事件などによる影響を受けて経営が悪化し、、不採算店舗を中心に直営店舗47店舗を一斉閉店て、経営再建をおこなったことがある花正は、同年、中小スーパーの共同仕入れ会社である全日本食品にし、全日食傘下で業績立て直しに取り組んでいた。

 その花正の全株式を、茨城県を地盤とするジャパンミートが買い取ったのが2013年のことだ。花正の売り上げは2014年度328億円であった。2013年に花正が「ジャパンミート」の連結子会社となってから、「ジャパンミート」の売上の約3割を構成することになり、「ジャパンミート」の連結売上高が1000億円に近づいたことに関して、花正の売上寄与度は大きいと言える。

「ジャパンミート」は、東京23区内などの都心部に向けて新規店舗業態への開発を進めることを中長期的な会社の経営戦略に挙げており、「肉のハナマサ」のノウハウ活用が期待できるだろう。

◆「ジャパンミート」の株主優待

 ちなみに、ジャパンミートの株主優待品は肉好きから好評を博している。

 というのも、【100株以上の株主様2,000円相当】では、国産ムネ肉2kg、沖縄琉香豚ばら肉薄切400g、沖縄琉香豚切落し400gである。【10,000株以上の株主様10,000円相当】では、国産ムネ肉2kg、沖縄琉香豚肩ロース1本、イベリコベーコン200g、鎌倉ハムウィンナー400g、松井牧場サーロイン180g×5と、大量のお肉が送られてくるのである(参照:http://www.japanmeat.co.jp/pdf/161004.pdf)

 10月4日、株主への優待品の発送があったようだ。ヤフーファイナンス「ジャパンミート」掲示板で、10月5日には、優待のお肉が届いたことについての投稿が見られていた。

<文/丹羽唯一朗>

ハーバー・ビジネス・オンライン

最終更新:10/7(金) 9:10

HARBOR BUSINESS Online

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。