ここから本文です

巨大ハリケーン直撃のハイチにアメリカが海兵隊を派遣

ニューズウィーク日本版 10/7(金) 14:50配信

<大型ハリケーン「マシュー」が上陸したハイチで、南部沿岸地域を中心に壊滅的な被害が発生。アメリカは大規模な米軍支援部隊の派遣を決めた> (写真は、マシューの直撃を受けた住宅街)

 ハリケーンの強さを示す5段階評価で4の強さの大型ハリケーン「マシュー」が、秒速60メートル以上の暴風を伴ってカリブ海を北上中で、アメリカ東海岸の南部フロリダ州に近づいている。4日にマシューが上陸したハイチでは、これまでに洪水や強風で少なくとも108人が死亡した。

「ハイチ南岸の都市レ・カイからティビュロンまでの全域が壊滅的な被害を受けた」と地元政治家のピエール・ルイ・オスティンは、AFP通信に語った。

【参考記事】アイラブユー、神様──『国境なき医師団』を見に行く(ハイチ編11最終回)

 マシューは過去10年間にカリブ海を襲ったハリケーンでは最大規模で、破壊力も最強レベルだ。またアメリカの東海岸を襲ったハリケーンとしては、2012年のハリケーン「サンディ」以来の強さとなる。


ハイチ西部レ・カイの様子(5日) Andres Martinez Casares-REUTERS

 今回の災害で、米軍は支援活動を行う予定だ。地球温暖化の影響で、気象災害の支援活動は各国軍隊の主要な任務となっている。

【参考記事】ハイチ大地震はオバマの「カトリーナ」
【参考記事】ハイチ地震はアメリカの大量破壊実験?

 米軍はマシューで被災したハイチに、空母「ジョージ・ワシントン」や病院船「コンフォート」、輸送揚陸艦「メサ・ベルデ」とともに300人の海兵隊員を派遣した。

 さらに国防総省は、ハイチの首都ポルトープランスにマシュー対策の統合任務部隊を設置した。緊急事態に対応するためホンジュラスに9機のヘリコプターを待機させる他、国防総省報道官によると、カリブ海全域のハリケーン被害の支援のための1100億ドルを準備している。

米フロリダ州も直撃か

 一方マシューが接近するアメリカでは、フロリダ州で150万人に避難命令が出ている。マシューは現地時間6日夜に最接近する見込みで、フロリダからノースカロライナにかけての沿岸部では各州軍の4500人が警戒にあたっている。

 アメリカ国立気象局は6日、「沿岸部の壊滅的な被害が予想される」という警報を出し、4年前にハリケーン「サンディ」がニュージャージー州に残した被害を遥かに上回る規模の被害が出るおそれがあると警告している。また多数の犠牲者が出る可能性もあるという。

 そうだとしても、マシューの被害はハイチの方が甚大だろう。2010年に発生した大地震では30万人以上が死亡したが、以前から脆弱だった社会インフラはこの地震でさらに弱体化した。地震発生後には、コレラの蔓延も起きている。

【参考記事】ツイッターはハイチを救えない

 今回のハリケーン被害で、ハイチの北部と南部を結ぶ橋が破壊されたため、特に被害が大きかった沿岸部の被災地に支援が行き届かないおそれも出てきている。

From Foreign Policy Magazine

シボーン・オグレイディ

最終更新:10/7(金) 14:50

ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

株式会社CCCメディアハウス

2016-12・13号
12/ 6発売

460円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。