ここから本文です

アストンマーティンがパワーウェイトレシオ1.0というハイパースポーツカーを共同開発!その相手とは?

clicccar 10/7(金) 22:40配信

鈴鹿サーキットで開催されるF1日本GPを週末に控えた2016年10月3日、イギリスのラグジュアリー・スポーツカーブランドであるアストンマーティンがこれまでの既成概念を打ち破るハイパースポーツカー、AM-RB001を日本でローンチしました。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】



AM-RB001はF1 2016年シーズンの開幕戦となるオーストラリアGPで発表されたハイパースポーツカーで、アストンマーティンとF1チームであるレッドブル・レーシングとのコラボレーションによって誕生したビスポークマシンです。

アストンマーティン・スペシャル・プロジェクト用の専用ファクトリーにて手作業で製作されるAM-RB001。軽量なカーボンファイバー構造を採用したボディはレッドブル・レーシングのチーフ・テクニカル・オフィサーであるエイドリアン・ニューウェイのデザインを基本としており、革新的なエアロダイナミクスにより公道走行可能なクルマとしては、前例のないダウンフォースを発生します。

搭載されるエンジンは新開発された高回転型の自然吸気V12エンジンがミッド・マウントされ、パワーウェイトレシオはなんと1.0という驚異的な数値を達成しています。これだけのハイパフォーマンスを誇りながら、AM-RB001は素晴らしい快適性を備えているというのは驚きです。

AM-RB001は、プロトタイプと25台のサーキット専用バージョンを含めて150台限定で生産され、納車は2019年から開始される予定です。しかも150台の限定枠はLagonda Taraf、One-77、Vulcanといったアストンマーティンのスペシャルモデルを所有するロイヤル・コレクターに優先的に割り当てられるとのこと。

詳細なスペックはまだ明らかになっていませんが、Vulcanが約2億3000万円だったことを考えると一体この公道を走行できるF1マシンといえるAM-RB001は一体いくらになるのでしょう。またどんな人がオーナーになるのでしょうか。

(萩原文博)

最終更新:10/7(金) 22:40

clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)

なぜ今? 首相主導の働き方改革