ここから本文です

約5万円のスーパーカー!? マクラーレンが「P1」のキッズカーを10月末に発売!

clicccar 10/7(金) 14:33配信

ジュネーブショー2013でワールドプレミアされ、その後375台が限定発売された「マクラーレンP1」。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】



737ps/720Nmを発生する3.8L V8ツインターボエンジンと、179ps/260Nmを発生するモーターの組み合わせにより、システム出力916ps/900Nmものパワーを発生するハイブリッドシステムを搭載しており、0-100km/h加速2.8秒、最高速度は350km/hに達します。



日本でも1億円に迫る9,661万5,000円(税込み)の高値で発売されました。

そんなマクラーレン「P1」のキッズ用EVモデル(対象:6歳以下)が、10月末から375ポンド(約48,800円)で全世界の玩具店で販売されるそうです。



近頃ではフェラーリやランボルギーニ、ポルシェなどのキッズカーが販売されるなど、その人気が高いことから、マクラーレンも発売に踏み切ることにした模様。

モーターと前進3段/後退1段のトランスミッションの組合せにより、僅か2秒で最高速度4.8km/hに到達するそうです(笑)

ボディカラーには「ボルケーノ・イエロー」を採用。



ドライバー席をセンターに配置、キャビン内にMP3プレイヤー、オーディオシステムを標準装備したオープントップモデルで、ドアはガルウイング仕様となっています。

マクラーレン自らこのキッズ向けEVを破格?で発売する背景には、将来のユーザー獲得に向けた思惑があるのかもしれません。

(Avanti Yasunori・画像:マクラーレン)

最終更新:10/7(金) 14:33

clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。