ここから本文です

コンセプトカーのような市販車!? 超ユニークな「シトロエンC4カクタス」が200台限定で発売

clicccar 10/7(金) 7:03配信

2015年に欧州で登場し、同年秋の東京モーターショーでも話題を集めたシトロエンC4 CACTUS(カクタス)が200台限定車という形で日本にも上陸しました。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】



シトロエンが掲げるコンセプトである「Be Different, Feel Good!(より独創的に、もっと楽しく!)」を具現化したモデルで、生活とカーライフを豊かで楽しいものにすることに徹底的にフォーカスして作られたというフランス車らしい遊び心にあふれたものになっています。



何と言ってもシトロエンらしい奇抜なデザインが最大の特徴。「AIRBUMP(エアバンブ)」と呼ばれるボディ保護用のポリウレタンが目を惹きます。また、柔らかなフォルムやまさに「顔」を思わせる細めのライトユニットによるフロントマスクも非常に印象的。写真のルーフレールも全車に標準装備されます。

一方のインテリアは、シンプルかつモダンな仕立て。「旅をすること」をテーマに掲げ、スーツケースをモチーフとしたダッシュボードのトップボックスや、ワンタッチでシフト操作ができるイージープッシュ&パドルシフトなど、こだわりのデザインと機能性が与えられています。



また、水平基調のダッシュボードには視認性に優れたフルデジタルディスプレイと直感的な操作が可能な7インチタッチスクリーンを採用。タッチスクリーンにはエアコンや走行データ、リヤカメラなどの機能を集約し、ドライバー正面にはデジタルの速度計のみをデザイン、シンプルさを究極まで追求しているそう。



操作系もユニークそのもので、シフトレバーの代わりに設けられた「N/D/R(ニュートラル/ドライブ/リバース)」のプッシュボタンはイージープッシュと呼ばれ、オートマチックによる簡単なドライブ操作と、パドルシフトを使ってのマニュアル変速が可能です。



搭載されるエンジンは1.2Lの直列3気筒DOHC、トランスミッションはシングルクラッチの「ETG5(エフィシェント・トロニック・ギアボックス)」。82ps/118Nmという数値ながら1070kgという車両重量ですから力不足ということはないでしょう。



なお、ボディサイズは全長4155×全幅1735×全高1530mm。価格はファブリックシート仕様が238万円、ベロアシート仕様が241万円となっています。



(塚田勝弘)

最終更新:10/7(金) 7:03

clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。