ここから本文です

2016年9月の登録車販売ランキング、相乗効果でミニバンが伸長傾向か?

clicccar 10/7(金) 6:03配信

登録車の販売ランキングに変化あり。

一般社団法人 日本自動車販売協会連合会(自販連)より、2016年9月の登録車(軽自動車と海外ブランドを除く)の車名別の販売ランキングが発表されています。



●2016年9月 登録車販売ランキングトップ10(自販連調べ)
1位 トヨタ プリウス 20,043台
2位 トヨタ アクア 15,493台
3位 トヨタ シエンタ 12,290台
4位 ホンダ フィット 10,226台
5位 トヨタ ヴォクシー 9,525台
6位 ホンダ ヴェゼル 8,296台
7位 トヨタ パッソ 8,164台
8位 トヨタ カローラ 8,117台
9位 日産 セレナ 6,488台
10位 ホンダ ステップワゴン 6,014台

プリウス、アクア、シエンタというトップスリーに変化はありませんが、フルモデルチェンジが近いとウワサされる日産ノートがトップ10圏外になるなど、顔ぶれに若干の変化が見えています。

その中で注目したいのは、トヨタ・ヴォクシー、日産セレナ、ホンダ・ステップワゴンといったMクラス・ミニバンモデル。

フルモデルチェンジ直後にリコールが発生し、思うようなスタートダッシュを決めることができなかったセレナが伸び悩んでいるところに、ステップワゴンが2016年初のトップ10内に躍進したという状況です。

前年同月比でみると、ヴォクシーが117.4%、セレナが105.8%、ステップワゴンは104.9%。自動運転技術「プロパイロット」を搭載するなどセレナが話題を集めたことで、Mクラスミニバン全体が注目され、活気づいているといえそうです。



(山本晋也)

最終更新:10/7(金) 6:03

clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。