ここから本文です

ETC2.0搭載車なら高速道路を「途中下車」しても同料金になる!?

clicccar 10/7(金) 19:03配信

昨年6月末までにETC2.0対応車載器を購入された読者の皆さんは、再セットアップを済まされたでしょうか?

【この記事に関する関連する別の画像を見る】



ITSサービス高度化機構「ITS-TEA」では、昨年6月30日以前に「ETC2.0対応車載器」を購入・セットアップしたユーザーを対象に、全国の指定カーショップなどで無料再セットアップ(バージョンアップ)を実施しています(2017年3月31日まで)。

再セットアップを行うことで、今後展開される各種サービスを受けることができます。

新聞報道によると、国土交通省が「ETC2.0」搭載車を対象に、高速道路で途中下車し、「道の駅」を利用後、再度乗り直しても利用料金が割高にならない新制度を2017年度に導入するとしています。



本来、高速道路のSA(サービスエリア)は50km程度の間隔で設置するのが基本となっているそうですが、現在でも整備されていない路線があることから、国土交通省が対象路線で新たに「ETC2.0」のメリットとして付加するもの。

地元の特産品などを販売している「道の駅」利用者が増えており、地域の活性化に寄与するほか、ドライバーの疲労回復にも繋がるため実施に踏み切ることにしたそうです。

具体的には、道の駅の入り口と出口にクルマと送受信を行う「ETC2.0」通信ポイントを設置、利用時間などを自動的に証明する仕組み。

これにより、高速道路外に出ている時間が規定内だった場合に通行料金が割高にならずに済むという訳です。



同省は今年度中に実証実検を開始する計画のようで、既に北陸自動車道の一部区間で、給油で高速道路から降りても割高にならない実験を行っているそうです。

こうしたサービスを受けるには「ETC2.0対応車載器」が必要になるため、再セットアップが必要な場合は、無料サービス期間内に済ませておいた方が良さそうです。

(Avanti Yasunori・画像:ITSサービス高度化機構)

最終更新:10/7(金) 19:03

clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。