ここから本文です

今は帰れぬ故郷への思いを込めた イスタンブールの小さなブックカフェ

CREA WEB 10/7(金) 12:01配信

イスタンブールの下町にある小さな本屋さん

 イスタンブールのアイワンサライ区は、古の雰囲気が残る下町エリア。ここの有名な観光スポット、カーリエ博物館の向かいに「PAGES」という名の小さな本屋がたたずんでいる。細長い、緑色の3階建ての建物だ。

 入ってみると、どこかヨーロッパの住居に通されたかのようなこざっぱりとした空間が広がっていて、そこここに本が並べられている。ところどころ、座って本が読めるようなイスやソファが置いてあり、本を売ることよりもくつろげることの方が優先されているのが感じられる。

 実はここ、シリアの戦闘から逃れて来たシリア人サメル・アルカドゥリ氏がオープンしたブックカフェ。並んでいるのはほとんどがアラビア語書籍で、一部英語の本もある。地下は子ども向け書籍の階で、2階はカフェになっている。

 店内にはジャズやシリア音楽がかかっており、カルダモンの香りがするコーヒーをいただきながらゆっくり読書できるような、そんな居心地のよさがここにはある。本は販売されているが、安い料金で借りることもできるし、ここで読む分には無料だ。ときおりコンサート、映画鑑賞会、シリア人作家による朗読会、子ども向けワークショップなど、さまざまなイベントも開催されている。それらは全て、無料だ。

 サメル氏は、シリア・ハマ出身の画家。首都ダマスカスで芸術学部を出た後、グラフィックデザイナーとして活躍しながら出版社を営んでおり、妻は絵本作家である。「僕はいろいろな国の新聞などに文章も書いていてね。そこではっきりとアサドは独裁主義者だ、人殺しだ、と批判したために逮捕されることになってしまった。それでトルコに逃れて来たんだよ」とそのいきさつを説明してくれた。

どうしてトルコにブックカフェをつくったのか

「ここに来たときは、妻と二人の子ども、そして母を抱えていたのに3,800ドルしか持っていなかった。最初の一年は、グラフィックデザイナーとしてがむしゃらに働いたよ。そしてある程度お金がたまってから、2015年7月にここをオープンしたんだ。どうしてこのような本屋を開いたのかって? きっかけは、トルコに住む多くのシリア難民に、アラビア語書籍を行き渡らせたいということだった。だけど僕はなによりも、トルコや世界に広まるシリア難民のイメージも変えたかったんだよ。

 シリア人はみんな貧しく、誰かに助けてもらわないと生きていけない、そう思われているからね。それから、ここはシリア人作家、アーティストなどが集う場所になっている。彼らがここでそれぞれの特技を生かしたイベントを行うことで、トルコや世界とつながることのできる、いわば文化のかけ橋のような場所を立ち上げたかったのもあるんだ。イベントは無料だし、あらゆる国の人が来てくれているよ。

 だけど、雇われているシリア人にはきちんと支払いをしている。生きて行くために雇用されることは、我々シリア人コミュニティにとってとても大切なことだからね。そんなわけで、ここの売り上げは本代とコーヒー代だけなんだけど、結局毎月赤字だよ。僕はグラフィックデザインの収入をここにつぎ込みながら、いわば一つのプロジェクトとして、ここをやっているんだ。とてもリッチな人間だと勘違いされているけれど、そうじゃない。僕は、自分の考え方を信じてやっているだけのことなんだ」

 時々額にかかる前髪をかき上げながら静かに理想を語るサメル氏は、確かに私たちのもつシリア難民のイメージを払拭するものがある。内戦がおわったら、早くあの美しいシリアに帰りたい、というサメル氏の夢がかなう日は、まだそれほど近くないかもしれない。だけど、彼が今住むイスタンブールにこんな素敵な文化スポットを立ち上げてくれたおかげで、私たちの方がシリア文化に触れる機会を提供してもらっている。

 誰かの支援を受けるばかりではなく、むしろこうした形で他の誰かに貢献できることが、長期にわたって避難生活を送るシリアの人々にとってむしろ重要だということが、彼の理想にかけるたゆみない努力から感じられる。

PAGES
所在地 Ayvansaray Mah. Kariye Çk No:5, Fatih İstanbul
電話番号 212-531-0185
営業時間 11:00~22:00(日曜 14:00~)
http://www.pagesbookstorecafe.com/
※イスラムの祝日期間は1・2日目休業

安尾 亜紀 (やすお あき)
イスタンブール在住。イスタンブール大学大学院女性学研究所卒。女性誌から料理誌、報道関係まで幅広い分野でライター・コーディネーターを担当。トルコの「おいしい・楽しい・新しい」を中心に、さまざまなメディアで情報発信中。

安尾亜紀

最終更新:10/7(金) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年1月号
12月7日発売

定価780円(税込)

食べてのんびり、また食べる
ゆるむ、台湾。

Jun.K(From 2PM)「これからも僕らは」
台湾二大人気占い師が占う「2017年わたしの運命」

ほか

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。