ここから本文です

変化し続けるシンガポールを見下ろす 世界最大級の観覧車で極上デートを

CREA WEB 10/7(金) 12:01配信

Magnificent View #1102シンガポールフライヤー(シンガポール)

 高層ホテルや個性的な外観の建物が並ぶ、シンガポールのマリーナベイ。その中心地にあるのが、世界で2番目に大きな観覧車、シンガポールフライヤーだ。

 オープンは2008年。黒川紀章と現地の建築家により設計された。ゴンドラの最高到達地点は地上165メートルで、42階建てに匹敵する高さを誇る。

 28人乗りのゴンドラは空調が完備されて快適なうえ、壁はガラス張りで眺望抜群。晴天の昼間はマレーシアやインドネシアまで望むことができ、夜にはきらめくマリーナベイとシティ側の摩天楼が一望できる。

 なかでも夕暮れどきは、サンセットと夜景を楽しめるとあって、デートに使うカップルも多いのだそう。

 絶景を楽しめるだけでなく、カクテルやハイティー、ディナーコース付きの乗車プランも用意。変化を求めるシンガポール人も飽きさせないアトラクションは、ローカルにも愛されている。

芹澤和美

最終更新:10/7(金) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2016年12月号
11月7日発売

定価780円(税込)

おいしいもの、買いたいものいろいろ
贈りものバイブル

毎日使いたいベストコスメ発表!
村上春樹「東京するめクラブ」より熊本再訪のご報告

ほか

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。