ここから本文です

がん治療で脱毛・肌くすみ、外見ケアで気持ち前向き かつら選びなど指南

NIKKEI STYLE 10/8(土) 7:47配信

 病気の治療のためと分かっていても、抗がん剤や放射線などによって髪の毛が抜けたり、肌が黒ずんだりくすんだりするのはつらい。これらの副作用に悩むがん患者を支援するため、肌を明るく見せるメーク術やかつら選びを指南するなどの取り組みが広がっている。働きながら治療を受ける人も多く、見た目のケアは患者の精神面を支える上でも重要だ。

 9月中旬の午後、がん研有明病院(東京・江東)。明るい光が差し込むデイルームで、がん患者の女性(37)がプロの手によってメークを受けていた。見ていた医師やボランティアから「きれいね」と声が上がる。鏡をのぞき込んだ女性の顔から笑みがこぼれた。
 「久々にフルメークをすると別人みたい。やっとここまで回復したと実感できた」。女性は1年前に子宮がんを患って入院。抗がん剤治療で髪と眉毛、まつげが抜けた。「眉毛ひとつであっても、女性らしさが失われたような気がして、鏡を見たくない日もあった」
 この日、同病院が開く患者の外見ケアのための「帽子クラブ」で化粧品メーカーのハーバー研究所(同・千代田)の広森知恵子さんに、まつげが抜けた時の自然なアイラインの入れ方を教えてもらった。上まぶたの目尻の際から内側に1センチ描く。「まつげがない時に知っていたら、もう少し自分の気持ちが前向きになっていたかも」と振り返る。
 「帽子クラブ」の活動は2000年から。メーキャップだけでなく、かつら選びへの助言や髪の脱毛を隠す帽子の編み物教室を定期的に開く。参加費は無料で、ボランティアが活動を支える。婦人科の副部長で同クラブの代表を務める医師の宇津木久仁子さんは「外見が病気の前と変わると自信が無くなり、知人が面会に来ても会いたくなくなる。メークなどで普段通りの自分になることで治療にも前向きになれる」と話す。
 今年から月1回、男性向けの会を設けており、他の病院の患者でも参加できる。肌の簡単な手入れや、眉毛の描き方などを講習する。「がんの治療をしながら仕事している男性にとっても外見は気になるはず。ちょっとしたコツで元気に見せられると知ってほしい」(宇津木さん)。来年から爪のケアも始める計画だ。
 がん患者が戸惑う外見の変化は何か。日本対がん協会(東京・千代田)と資生堂は女性のがん患者にアンケートを実施。治療前からの変化で気になるのが(1)肌のくすみ、色素沈着(20%)(2)眉・まつげの脱毛(17%)(3)頭髪の脱毛、爪・指先の変化(それぞれ15%)だった(グラフ参照)。
 資生堂は06年に東京・銀座にライフクオリティービューティーセンターを設け、やけどの痕などを隠すメークレッスンを実施している。13年からはがん患者への対応も始めた。患者にも協力してもらい、治療中の不便なことや悩みを基にアドバイスを1冊のパンフレットにまとめた。肌を明るく見せるには「くすみ対策用ファンデーションやオレンジ色の下地を使うとよい」と同センターの小林智子さん。
 眉毛が完全に抜けてしまうと、もとの位置が分からなくなることも。そういう時は「人さし指、中指、薬指の3本をアイホールにあて、指先1本分上にあたるところが大体の位置」と教える。
 同センターに通う主婦の角田万木さん(55)は卵巣がんの治療の副作用で眉や髪の脱毛に悩み、精神的にも落ち込んだ。だが「ここで化粧をしてもらって表に出る勇気が湧いた。外出すれば季節の花を見て感動したり、外食したりして気分転換になる。メークのおかげ」と言う。
◇     ◇

1/2ページ

最終更新:10/8(土) 7:47

NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。