ここから本文です

マネージャーが苦労しそうな女芸人TOP10

R25 10/8(土) 7:00配信

近年、バラエティ番組などで存在感を発揮し、MCにも抜擢されている「女芸人」。様々な場面で笑いを取る一方、ふとした瞬間に見せる言動や対応のクセの強さに、「もし自分がマネージャーとして管理したら大変そう」と思ったことのある人もいるのではないだろうか。そこで、「担当マネージャーになったら苦労しそうな30~40代の女芸人」を、20~30代の会社員男女200人(各100人)にアンケートで聞いてみた。(R25調べ/協力:アイリサーチ)

●担当マネージャーになったら苦労しそうな女芸人TOP10
(19人の中から1~3位を選択してもらい、1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptとして集計)

1位 鳥居みゆき 183pt
2位 大久保佳代子(オアシズ) 162pt
3位 友近 113pt
4位 尾崎小百合(かつみ・さゆり) 89pt
5位 隅田美保(アジアン) 77pt
6位 光浦靖子(オアシズ) 75pt
7位 いとうあさこ 73pt
8位 黒沢かずこ(森三中) 65pt
9位 椿鬼奴 63pt
10位 山崎静代(南海キャンディーズ) 55pt

※番外
11位 キンタロー。 48pt
12位 大島美幸(森三中) 44pt

「ヒットエンドラーン!」のフレーズが頭に残っている人も多いであろう「鳥居みゆき」が1位に。テレビで見る独特なキャラや言動の過激さから、「マネジメントできるのか」と心配する人は多そうだ。また、芸人として活動しながらOLもこなしていたという「大久保佳代子」が2位に。では、回答者のコメントから各芸人を選んだ理由を見てみよう。

【1位 鳥居みゆき 183pt】
「普段の生活が全然想像出来ないから」(35歳・男性)
「世界観が全くわからなくて、心通じ合えなそうだから」(35歳・女性)
「行動が型破りすぎて振り回されそう」(37歳・男性)

【2位 大久保佳代子(オアシズ) 162pt】
「仕事が多そうだから」(29歳・女性)
「しっかりしているので、いろいろ指摘を受けそう」(33歳・女性)
「わがままに見える」(37歳・男性)

【3位 友近 113pt】
「自分でどんどんやってしまいそう」(24歳・女性)
「気難しいだろうし、我が強そう」(27歳・男性)
「よく口うるさいと本人や他の芸人が言っているし、細かそう」(31歳・女性)

【4位 尾崎小百合(かつみ・さゆり) 89pt】
「テンションが高く、ついていくのが大変だから」(32歳・女性)
「いろいろ抜けていそう」(36歳・女性)
「テンションが高すぎて疲れそう」(37歳・男性)

【5位 隅田美保(アジアン) 77pt】
「性格が難しそうだから」(27歳・女性)
「メンタル面で苦労しそうだから」(32歳・男性)
「揉めていると聞いたから」(33歳・男性)

【6位 光浦靖子(オアシズ) 75pt】
「実はわがままそう」(27歳・男性)
「愚痴を聞かされそう」(37歳・男性)

【7位 いとうあさこ 73pt】
「愚痴が多そう」(23歳・男性)
「飲み出すと止まらなそうだから」(32歳・女性)

【8位 黒沢かずこ(森三中) 65pt】
「常に励ましてあげないといけなそう」(34歳・女性)
「無茶なことを平気で言いそう」(39歳・女性)

【9位 椿鬼奴 63pt】
「酒癖が悪いから」(29歳・男性)
「お酒の失敗のしりぬぐいをさせられそう」(39歳・女性)

【10位 山崎静代(南海キャンディーズ) 55pt】
「自由そう。あんまり話聞かなそう」(25歳・女性)
「こだわりがありそうだから」(39歳・女性)

1位から4位までは「指摘を受けそう」「我が強そう」といった“彼女たちとずっと一緒にいるのが大変”という声、5位以下では「愚痴を聞かされそう」「励まさないといけなそう」といった“ケアが大変”という声があがった。芸風の影響が大きく、普段の性格がどうかは推測の域を出ない面もあるが、テレビでよく見る芸人の裏には、それを支えているマネージャーがいるというのも事実。マネージャー視点でどう芸人に対処した方がいいか考えながら見てみると、バラエティ番組もマネジメントの参考になるかも?

(吉田良雄)

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:10/8(土) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。