ここから本文です

濱田岳、大先輩の中井貴一に思わず「うっせー、ばか!」 長澤まさみ、自分を卑下「あいつ使えねぇ」と言われる!?

エンタメOVO 10/8(土) 21:05配信

 映画『グッドモーニングショー』の初日舞台あいさつが8日、東京都内で行われ、出演者の中井貴一、長澤まさみ、志田未来、濱田岳、吉田羊、時任三郎、君塚良一監督が登壇した。

 本作は、ワイドショー「グッドモーニングショー」のメーンキャスター澄田真吾(中井)が、美人アシスタント(長澤)に交際関係をばらすと脅されたり、立てこもり事件に巻き込まれたりするなどの災難だらけの1日を描いたコメディー。

 立てこもりシーンについて、犯人役の濱田は「同じ場所に5日間通って撮ったんですけど、中井さんや松重(豊)さんを一若手俳優が独り占めできるのは二度とない機会なので、胸を借りて思い切りやろうと思いました」と明かした。

 続いて、ついアドリブで「うっせー、ばか」と言ってしまい「しまった」と思ったことも告白。中井は「本音ですよ。『役者はああいうときに本音が出る』と松重さんとも話していました」と冷静に分析し、濱田をたじろがせた。

 長澤はアナウンサーについて「同じテレビの世界でも違う畑の職業と感じたし、面白く演じられたのは楽しかったです」と笑ったが、「自分がアナウンサーになると考えたら、毎日の生の緊張感に耐えられないと思います」とポツリ。

 さらに「本当に話が下手なので、どこで終わればいいか分からなくて時間食っちゃって、『あいつ使えねぇ』となって駄目になっていく気がします」と自虐的なコメントも。志田も「カメラ目線で笑顔で話せないと思うので、『あいつ使えないな』とクビになると思います」と同調して笑いを誘った。

 この日は、くじ引きでハズレを引いた人が、劇中で澄田が着用した重量50キロの防爆スーツを着てフォトセッションに挑むことになり、中井がターゲットに。中井は「この暑さと重さ…。この世界に入って36年、一生懸命やってきたつもりなんですけど、舞台あいさつでこんな格好をさせられるとは思いませんでした」と嘆くことしきりだった。

最終更新:10/10(月) 12:48

エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!

なぜ今? 首相主導の働き方改革