ここから本文です

TAKAHIRO&斎藤工がおそろい“赤パンツ”で登場 TAKAHIRO「斎藤工になりたい」

エンタメOVO 10/8(土) 21:43配信

 映画『HiGH&LOW THE RED RAIN』の初日舞台あいさつが8日、東京都内で行われ、出演者のTAKAHIRO、登坂広臣、斎藤工、吉本実憂、岩田剛典、鈴木伸之、石黒賢と山口雄大監督が出席した。

 『HiGH&LOW THE MOVIE』に続く映画第2弾となる本作は、斎藤、TAKAHIRO、登坂演じる雨宮兄弟による華麗なアクションと彼らの過去、そして真実が明かされていく。

 この日はあいにくの雨模様となったが、雨宮兄弟の長男を演じた斎藤は「初日に雨ってなかなかネガティブに捉えがちですが、この作品にとっては恵みの雨だなと思います」と喜んだ。

 タイトルの“RED RAIN”にちなんで撮影中の赤裸々なエピソードを問われたTAKAHIROは「僕と登坂はお兄ちゃん(斎藤)を心待ちにしていたのですが、このオーラと下ネタで包んでくださってとても楽しかった」と振り返り、斎藤も「それはお互いでしたけどね」と苦笑した。

 さらに斎藤が「赤にちなんで赤いパンツをはいてきました」と明かすと、TAKAHIROも「僕もはいてきました!」とまさかのおそろいが発覚。「後で見せ合いっこしましょう」「なんならユニフォーム交換みたいな感じで」「裏っ返しならいけるかも。まだ午前中なので」「まだ汚れてはおらぬ」と軽妙なやり取りを繰り広げる“兄”二人に、末っ子の登坂は「僕ら三人は(舞台あいさつが)9回あるんですけど、この調子でいくと最後はどうなっちゃうんだろう」と不安を隠さなかった。

 また、SNSのグループを作るほど仲を深めたという三兄弟は、互いの好きなところについて、TAKAHIROが「役とはいえ、この二人と兄弟になれたのは一生の宝物。何より二人の顔が好き。マジでかっこいいですよ。斎藤工になりたい」と“告白”して笑わせた。

 続いて斎藤も「登坂さんのことは抱きしめたい、TAKAHIROさんには抱きしめられたい」と明かしてただならぬ雰囲気を醸し出し、最後に登坂が「男兄弟に憧れていて、日本一かっこいい二人のお兄ちゃんができた。顔も性格も男前で大好きです」ときれいにまとめて軌道修正した。

最終更新:10/8(土) 21:43

エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。