ここから本文です

飯豊まりえ、岡田将生の“元カノ似”看護師役に挑戦!

Smartザテレビジョン 10/8(土) 6:00配信

今冬、テレビ東京で放送される岡田将生主演のスペシャルドラマ「不便な便利屋 2016 初雪」に、主人公の“元カノそっくり”なヒロインで飯豊まりえが出演することが分かった。

【写真を見る】ちょっと怖い!? 劇中劇で雪女を演じる飯豊まりえ

本ドラマは、岡田、鈴木浩介、遠藤憲一らの共演で'15年4月クールに放送されたコメディードラマの特別編。

飯豊が演じるのは、売れっ子脚本家・竹山純(岡田)が失恋したばかりの元彼女にそっくりな看護師の桐谷梢。

竹山は、北海道の名も無き田舎町の市役所地域活性課から、町おこしのためのショートフィルムの脚本を頼まれる。

1年半ぶりに町を訪れた竹山は、失恋のショックで仕事が手につかない状態だったが、ショートフィルムのヒロインに抜てきされた梢と出会い、作品作りに精を出すことに。

岡田、飯豊らドラマの登場人物が、劇中ショートフィルムでさらに別の役を演じる「二重芝居」に挑戦。

また、劇中で便利屋の3人が制作するショートフィルムは、10月10日(月)から開かれる札幌国際短編映画祭に正式出品。タイトルは「雪女」で、主演を竹山、ヒロインを梢が務める。

梢役の飯豊からコメントが届いた。

■飯豊まりえのコメント

――桐谷梢を演じてどうでしたか?

鈴井監督が細かく指導してくださったので、すごく演じやすかったです。あと、鈴木浩介さん演じる松井さんとの、あるシーンがあるんですけど、すごいドキドキしちゃいました! これが現実だったらすごいんだろうなというシーンでした。

――雪女を演じた感想を教えてください。

初めてのお化け役で、「どんな感じかなと」思っていたのですが、ちょうど最近プライベートでホラー作品をいくつか見ていたので、「こんな感じだったら怖いかな?」と、自分の中でイメージを膨らませて演じたりして、楽しみながらできました。

雪女のセリフが、「深いなぁ」という名言ばかりで、せりふを言っていて気持ち良かったです。

――初めての北海道はいかがでしたか?

とても楽しみにしていました! 実際に来てみると、まず空気がおいしいなと感じました。東京よりはもちろん寒いのですが、撮影に協力していただいている地域の方は本当に温かいです。

――現場の雰囲気はどうでしたか?

現場はアドリブ合戦で、その中に入るのも最初は怖かったのですが、鈴井監督から「やり過ぎるくらいがちょうどいい」とアドバイスを頂いてから、今ではアドリブの中に入るのも楽しいと思えるようになりました。キャスト、スタッフみんなの仲が良く、とても楽しい現場です!

――最後に、視聴者の方々へメッセージをお願いします。

コメディー作品に出演させてもらうのが初めてだったのですが、戸惑いながらも自分なりに楽しんで演じることができました! この物語の中で梢がスパイスとなっていればうれしいです。

自分と年齢が近い若い方たちにも楽しんでほしいですし、初めて「不便な便利屋」を見たという方には前回のシリーズにも興味を持ってもらいたいです。多くの方に愛していただきたい作品です。

最終更新:10/8(土) 6:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。