ここから本文です

10月10日は1年で最も多い44の「記念日」に認定されている

NEWS ポストセブン 10/8(土) 16:00配信

 10月10日は「体育の日」だけではない。1年でもっとも記念が多いこの日をいかに楽しむか。大人力コラムニストの石原壮一郎氏がその方法を伝授する。

 * * *
 カレンダーを眺めていて、思わず「おっ!」と声をあげました。今年の「体育の日」は10月10日ではありませんか! 

 東京オリンピックの開会式が行なわれたことにちなんで、10月10日が「体育の日」という国民の祝日になったのは1966(昭和41)年のこと。その後、2000(平成12)年からはハッピーマンデー制度によって、10月第2月曜日という流浪の旅を強いられることになりました。やっぱり「体育の日」には10月10日がよく似合います。原点回帰というか温故知新というか、今年はその有難味をいつも以上に感じられることでしょう。

 じつは10月10日は、元「体育の日」というだけでなく、「1年のうちでもっとも記念日が多い日」でもあります。まさに記念すべき一日。人生を積極的に楽しみたい大人としては、この特別な日の魅力を果敢に味わい尽くしましょう。

 一般社団法人日本記念日協会のHPによると、同協会が認定している10月10日の記念日はなんと44(毎月10日のものも含む)。協会認定の記念日以外でも「目の愛護デー」や「釣りの日」など、たくさんの記念日が目白押しです。ここまで増えたのは、おそらく語呂合わせがしやすいから。「トートバックの日」「じゅうじゅうカルビの日」などはそのままですが、「転倒予防の日」「てんとう虫の日」「トマトの日」「銭湯の日」あたりは少し推理が必要です。

「ふとんの日」は、10がふたつで「ふ(2)と(10)ん」だから。「ポテトサラダの日」は、ポテト=POTATOのTATOが1010をイメージできることと、主原料である人参、じゃがいも、きゅうり、玉ねぎを横に並べると1010に見えることから。このへんになると、教えてもらわないとたどり着けそうにありません。「鯛の日」のように、「体育の日→タイ(イ)クの日=鯛喰う日=鯛の日」というダジャレパターンもあります。

1/2ページ

最終更新:10/8(土) 16:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。