ここから本文です

華やか&使える花モチーフが折れるおりがみプログラムが発売

東京ウォーカー 10/8(土) 8:00配信

おりがみ…子供の頃は、一度は遊んでいても、折り方を覚えているひとは少ないのでは? 今回はおもてなしにも使えるすてきな折り紙レッスンをご紹介。

【写真を見る】使える!お花のおりがみプログラム おしゃれなおりがみで素敵なアイテムが作れるプログラム 月々1000円(税抜)x12ヶ月

フェリシモから、自宅で楽しみながらも学ぶことができる「使えるおりがみシリーズ”ミニツク”」の第二段として「使える! お花のおりがみプログラム」の申し込みが2016年9月に開始された。お届け時期は10月中旬から。

2015年3月より発売された第一弾の「使えるおりがみプログラム」は、2016年8月までで受講者が1万7千人にもなった人気のプログラムだ。日常生活で役立つものを作れるようになることや、市販では売っていない素敵な柄のおりがみがついてくることも人気の理由だ。

第一弾は”基本の入れ物”というテーマのもと、小物入れやトレイなど、日常生活で使えるおりがみを6ヶ月間学ぶ内容だったが、第二段は”華やかなもてなし”をテーマとしてお花や蝶々、星など、おもてなしで使うことができる折り方を学べ、期間は少し長めの12ヶ月。毎月3、4種類ずつ1年間で36種以上の折り方をマスターすることが可能だ。飾ってかわいいお花などのモチーフだが、リングディスプレイやプレゼントのクッション材として使うことができるおりがみの活用法も掲載されているため、折って終わりではなくしっかり活用できるのがうれしい。

家事などの隙間時間に折ってみるもよし、プレゼントに添えるもよし。かわいらしいおりがみをマスターしてみては?【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:10/8(土) 8:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。