ここから本文です

スポーツと文化の祭典にスフィア、Pile、 内田彩、アプガ、ベビレなど、人気声優&アイドルが大集結! 

Smartザテレビジョン 10/8(土) 12:00配信

障がい者スポーツを応援する趣旨のもと、「スポーツ×文化」の祭典として2012年にスタートした音楽イベント「スポーツ・オブ・ハート・ミュージックフェス」。4回目となる今年は、10月14日(金)・15日(土)・16日(日)の3日間にわたって東京・国立代々木競技場第一体育館で開催される。アニソン、声優、アイドル、J-POP、K-POPが集結し、この秋最大のイベントとして注目されている(後援/(株)KADOKAWA「My Girl編集部」)。

【写真を見る】「大きな会場にワクワクしております」と吉川友

寿美菜子、高垣彩陽、戸松遙、豊崎愛生による声優ユニット「スフィア」、μ’sのメンバーとして昨年のNHK紅白歌合戦にも出場したPile、内田彩や飯田里穂などの人気声優陣をはじめ、11月8日(火)に日本武道館で単独公演が決定しているアップアップガールズ(仮)、69時間にも及ぶ主催フェスを開催中のベイビーレイズJAPAN、7月に4人編成の新体制で活動をスタートさせた9nine、2020年の東京オリンピックに向けて結成されたスポーツ応援グループぷちぱすぽ☆、昨年の日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞したこぶしファクトリーなど、勢いのあるアイドルグループも多数出演。他にも、アニソン最大の祭典「Animelo Summer Live」に4年連続出演している鈴木このみ、沖縄から初のアニソン・シンガーとして昨年デビューしたMICHI、海外のイベントにも多く参加している吉川友など、オリジナリティー溢れる出演者が決定している。

各出演者からのコメント

【内田彩】「普段、スポーツは苦手なタイプなんですが、ライブは大好きなので、みなさんと一緒にいい汗がかけたらいいなと思ってます」

【吉川友】「大きな会場で歌えることにドキドキしておりますがワクワクもしています。大きな会場を目いっぱい使って、皆さんと一緒に音楽を通じて感動を分かち合えたらなと思っています」

【アップアップガールズ(仮)】「大きなステージで歌わせていただくのが今からすっごく楽しみです! このイベントを通じていろんな発見や出会いがあると思いますので、私たちも全力で一生懸命歌いたいと思います。会場でお待ちしてます!」

【こぶしファクトリー】「こぶしパワー全開で皆さんに笑顔をお届けできるように頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願いします!」

【ぷちぱすぽ☆】「私たち、ぷちぱすぽ☆はスポーツをテーマにして活動しているのでピッタリなイベントだと思います。頑張るぞ!」

ほかマジカル・パンチライン、絶対直球女子!プレイボールズなど、追加出演アーティストも続々決定している。また「スポーツ・オブ・ハート・ミュージックフェス2016」では、現在“ライブモニター”を受付中。受付詳細は右記サイト(http://r-t.jp/musicfeskanransoh)から。

■10月14日(金)出演者■

スフィア/アンジュルム/9nine/Pile(パイル)/鈴木このみ/こぶしファクトリー/アップアップガールズ(仮)/分島花音/飯田里穂/みみめめMIMI/Ray/吉川 友/GARNiDELiA/AKINO with bless4/チャオ ベッラ チンクエッティ/SUPER☆GIRLS/ and more

■10月15日(土)出演者■

内田彩/Pile(パイル)/鈴木このみ/ベイビーレイズJAPAN/アップアップガールズ(仮)/飯田里穂/吉川 友/みみめめMIMI/チャオ ベッラ チンクエッティ/MICHI/predia/松澤由美/かなでももこ/アイドルオーケストラRY’s/ぷちぱすぽ☆/ZEN THE HOLLYWOOD/SUPER☆GIRLS/Cheeky Parade/i☆Ris/THE HOOPERS/elfin’/Pyxis/アキシブproject/FES☆TIVE/Prizmmy☆/絶対直球女子!プライボールズ/マジカル・パンチライン/and more

■10月16日(日)出演者■

超新星(ユナク、ソンジェ)/VIXX(ビックス)/B1A4(ビーワンエーフォー)/EPIK HIGH(エピックハイ)/April《オープニング アクト》/ビーグルクルー《オープニング アクト》

最終更新:10/8(土) 12:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。