ここから本文です

不祥事で中止になった幻の「ミス慶應」 高須院長が勝手にグランプリを決定!

週刊女性PRIME 10/8(土) 14:00配信

 中野美奈子や青木裕子など、多くの女子アナウンサーを輩出してきた「ミス慶應コンテスト」。

 11月に行われる三田祭での本選に向け、6名のファイナリストもお披露目されてこれからが正念場……というところに、「ミス慶應コンテスト」を企画・運営する慶應義塾広告学研究会が懇親会で未成年者と飲酒に及ぶという不祥事が発覚。研究会は解散となり、2016年度のコンテストも開催中止に追い込まれました。

 ファイナリスト6人は公式ページ内で「残念です」「悔しい」「怒りがこみ上げてくる」など、突然の中止に戸惑う心境を吐露。応援していた学生もSNSなどで残念な気持ちをアップする場面も見られました。

 余計なお世話ではありますが、彼女たちのこれまでの努力に対する一つの回答になればと、美のエキスパート・高須院長にファイナリストの審査をお願いし、勝手にグランプリを決定してみました! 

――まず、ファイナリスト6人それぞれの顔についてのご感想をお願いします(と、6人の写真を見せる)。

高須「伊集院ほのかさんはエラが張っていて鼻も太いんだけど、フルバングスのふんわりヘアで可愛らしく見せるのが上手。岩田絵里奈さんは好感度の高い白のトップスを着ているのもあり、典型的な愛され系だね。喜多川あゆさんもこれまたフルバングスで欠点をうまく隠した今っぽくて可愛いタイプ。……というか、高橋茉莉さん以外みーんな前髪でしっかり顔を隠してるね!」

――やはり女子大生世代はおでこを出す髪型より、圧倒的に前髪アリの子が多いですからね。美的にはあまり良くないですか? 

高須「いや、みんな可愛いよ。でも、高橋さんはおでこを出しているから6名で並ぶと目立つし、自信がありそうな印象と強さを感じさせる。大学のミスや地方のミス以外の、大きなミスコンでも目立つきれいさ」

――なるほど。では残りの2人はいかがでしょう? 

高須「渡邊渚さんはズバリ表情上手!!  悪く言うと媚を売ったようなポーズにも見えてしまうけど、第一印象で自分のいいところを存分にアピールできるタイプだね。慶応のお嬢さんだからそんな場面はないだろうけど、水商売でもすぐ指名が取れちゃうかも!?  そして最後の渡邉麻美子さんは全世代がきれいって思う顔だね。お嬢さんっぽい控え目な感じです」

――ではズバリ、高須院長がグランプリを決めるとしたらこの中で誰にしますか? 

高須「美人は前から横からと多方向から見ないといけないから、写真だけでは判断できないけど……。やはりハツラツとした印象が素敵な高橋茉莉さんでしょうか! なんといっても自信がある笑顔はコンテストでは有利だからね。ちなみに準ミスは万能型美人の岩田絵里奈さん。そしてキャラクター賞は女性好感度の高そうな伊集院ほのかさん。おめでとうございます!!」

1/2ページ

最終更新:10/8(土) 14:00

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月6日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)