ここから本文です

シャネル2017春夏コレクションについて知っておきたい10のこと

ハーパーズ バザー・オンライン 10/8(土) 21:49配信

ロボットがランウェイをウォーキング!? 横で被ったベースボールキャップに、カラフルなケーブル……。シャネルの2017春夏コレクションについて知っておくべき10のトピックをピックアップ。

パリコレでキャッチしたフロントロウセレブたちを一挙公開

1. ショーの招待状はダブルCマークがケーブルに!

あのアイコニックなダブルマークが、ケーブルで表現されて。

2. 会場のグラン・パレが「データセンターシャネル」に変貌

毎シーズン会場となるグラン・パレが、今回は巨大なデータセンターに変身!

3. セットは、カラフルなケーブルが繋がったキャビネット

ゲストたちはパーフェクトなインスタショットに興じた。

4. シャネルのアンバサダー、リリー=ローズ・デップも80年代風スタイルでフロントローへ

アッシャーの隣でショーを観覧。

5. コートニー・ラブと娘のフランシス・ビーン・コバーンも一緒に出席

フロントローに登場。

6. ファーストルックは、お揃いのシャネルスーツを纏ったロボット

まさかの演出に、驚きの声が。

7. モデルたちはサイドで結んだポニーテールに、ベースボールキャップを横で被って

90年代ムード漂うルック。

8. シャネルバッグはLEDライト搭載

テクノロジーがテーマなだけあって、新しい機能が搭載。

9. コレクションは、80年代と90年代のカラフルなマッシュアップ

そして現代の私たちがそれなしでは生きられない、テクノロジーの片鱗も。服は80年代のパワースーツや鮮やかなカラーパレットで構成され、一方アクセサリーはサングラスやライト搭載のハンドバッグなど、モダンなアイテムが登場。

10. ここ数シーズンランウェイを歩き、フィナーレはカールと一緒に登場していたケンダル・ジェンナーは今回お休み

キム・カーダシアンの強盗事件のせいでショーをスキップし帰国したケンダル。フィナーレでは、カールが一人でご挨拶。

最終更新:10/8(土) 21:49

ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年1・2月合併号
2016年10月20日発売

特別定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。