ここから本文です

LVMH、ケリング、リシュモンetc…瀕死ブランド救済で売り上げ増加!? ラグジュアリーコングロマリットの勢力

サイゾー 10/8(土) 12:00配信 (有料記事)

「サイゾーpremiere」キャリア決済キャンペーン実施にともない、「別冊サイゾー 2016年5月号 ファッション大全」を期間限定で大公開!ファッション誌では絶対に読めない!ググっても出てこない!アパレル業界の裏側を大放出しちゃいます!(キャリア決済で登録すると2ヶ月間は無料でお読みいただけます)

――ファストファッションの台頭によって、日本では高級ブランドの不調が叫ばれている。しかし、世界的に見ると、事情は少々違っていたようで……? ここでは、“ラグジュアリーコングロマリット”の今に迫ってみたい。

 ここ数年、日本では「ラグジュアリーブランド」と呼ばれる高級ブランドが次々と撤退。売り上げが縮小傾向にあるとされてきた。例えば、2008年にはルイ・ヴィトンが銀座の新規出店を取りやめ、09年にはヴェルサーチが国内4店舗すべてを閉鎖(11年に再上陸)。10年にはグッチが松坂屋銀座店から撤退を表明している。

 一方で、同時期にはユニクロ、H&M、フォーエバー21などといったファストファッションや、各ラグジュアリーブランドの“セカンドライン(価格帯を抑えた商品)”が流行。並行して、ファストファッションブランドと提携し、安い商品を売り出す高級ブランドも相次いだ。クリストフ・ルメール氏がユニクロとデザイン契約を結び、15年秋から展開している「ユニクロ アンド ルメール」シリーズや、前年にアレキサンダーワンとH&Mが協力したコラボ商品「ALEXANDER WANG × H&M」の盛況ぶりは記憶に新しいだろう。

 ラグジュアリーブランドはもはや終焉した─。日本にいるとそんな声さえ聞こえてくるが、実態はそうではない。海外では、傘下に多くの高級ブランドを抱えるラグジュアリーコングロマリット(複合企業)がその勢力を拡大し続けている。ラグジュアリーブランドの経営戦略に詳しい早稲田大学ビジネススクール・長沢伸也教授は言う。

「ここ数年、ラグジュアリーコングロマリットの売り上げは落ち込むどころかむしろ上がっています。リーマンショックの後(09年頃)に少し落ち込みましたが、00年あたりと比較すれば、全体的に右肩上がりといえる。その主な拡大市場となったのは、日本を除くアジアなのです」

 成熟市場となった日本では実感しにくいが、世界のファッション産業には今、大きな変化が訪れようとしている。本文:16,675文字 この記事の続きをお読みいただくには、サイゾーpremium for Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    432円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    378円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:10/8(土) 12:00

サイゾー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サイゾー

株式会社サイゾー

2016年12月号
11月18日発売

定価980円

【視点をリニューアルする情報誌】
第1特集:人気映画の裏話
第2特集:「アスペ」増殖論争勃発か?
第3特集:「春画」ブームの正体

なぜ今? 首相主導の働き方改革