ここから本文です

短期間で健康的に痩せると話題!「ケトジェニックダイエット」4つのルール

OurAge 10/8(土) 12:00配信

糖質を制限しながらタンパク質や必要な栄養をしっかりとって行う、ケトジェニックダイエット。半年で10kg痩せた人や10カ月で32kg痩せた人など、多くの実例が報告されている。また、ダイエットの成功だけでなく、疲れにくくなったり、貧血や便秘、冷え症、糖尿病、高血圧、アトピー性皮膚炎などさまざまな不調の改善効果もみられるそうだ。

このダイエット法の指導に携わるほか、栄養療法、アレルギーの根本治療、更年期症候群治療など幅広い分野を得意とし、現在は日本機能性医学研究所の所長を務める斎藤糧三さんに、「ケトジェニックダイエット」の基本的なルールについて教えてもらった。

◆糖質を1食20g以下に制限
「ケトジェニックダイエットは、糖質を1食20g(1日60g)以下に制限。ただし食品100gあたりの糖質量が10g未満のものは低糖質食品とみなし、1食分の糖質量にカウントしません。だから安全性が高いのです」

◆タンパク質をしっかりとる
「1日にとるべきタンパク質量は、体重1kgあたり1.2~1.6g。例えば、体重55kgの人なら、1日に1.2~1.6g×55=66~88gのタンパク質が必要ということです。腎臓や肝臓の負担を考え、体重1kgあたり2.0gを超えないようにとります」

◆食物繊維・ミネラルをたっぷりとる
「食物繊維は1日20g以上とるのが目安。糖質制限で不足しがちなミネラルもしっかり補給してください。目安としては、肉や魚と、野菜やきのこ類を同じくらい食べればOKということ。わかめや大豆製品などミネラルが多い食品もとりましょう」

◆オメガ3脂肪酸を毎日小さじ1杯以上
「体にいい油として話題のオメガ3脂肪酸を、毎日小さじ1杯以上とるのもルール。オメガ3脂肪酸はアレルギーや炎症、血栓を防ぐ働きがあるので、意識してとるべき栄養素です。青魚や亜麻仁油、えごま油などに豊富に含まれています」

最終更新:10/8(土) 12:00

OurAge