ここから本文です

カオティックな植物写真:「バグ」が園芸の可能性を拡張する

WIRED.jp 10/8(土) 8:10配信

多肉植物やテラリウム、エアプランツなど、家の中でも楽しめるような植物が流行り始めて久しい。それはいまや一時の流行りを超えてひとつの趣味としての地位を確固たるものにしている。
しかし、この作品に写されたカップヌードルの空き容器や試験管に植えられた植物は、すんなりとは受け入れがたい。ここには圧倒的な違和感があるからだ。

【13点もの不思議な写真が続くフォトギャラリーはこちら】

『Group shot』と題されたこの作品は、tofubeatsのジャケットやロゴのデザイン、PUMAとのコラボレーションで知られるグラフィックデザイナー、GraphersRockが制作しているプライヴェートワークのひとつである。

GraphersRockのデザインは無機的でデジタルな表現をその特徴としているが、かたやこの作品は「趣味の園芸から偶然始まった」と本人が語るように、植物が中心に据えられた有機的なものだ。

しかし、そこにGraphersRockらしさがあるのも事実だ。本来別のモノを受け入れるはずだった器に植えられた植物は、グリッチのようなバグを想起させる。彼のグラフィック作品が事故的なバグを手法として取り込んでいるように、この作品は園芸を「バグ」らせることでその可能性を広げているのだ。

アーティストの世界を精製して得られるのが作品なのだとすれば、これは精製される前の「原液」と呼ぶべきものといえるかもしれない。そして原液だということは、これが“フレッシュ”だということをも意味する。GraphersRockのなかでぐちゃぐちゃに混ざり合った、さまざまな美しさや格好よさが一瞬だけ形になったもの。いうなれば、これは日々関心の移ろう彼の内面を切り取ったスナップショットでもある。

10月8日(土)に渋谷WWW/WWW Xで行われるイヴェント、「大都会と砂丘」ではGraphersRockデザインによる「お花の種」つきTシャツが販売されるという。

WIRED.jp_IS

最終更新:10/8(土) 8:10

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。