ここから本文です

スペイン代表指揮官、イタリアとのドローに一定の評価「ほぼゲームを支配できた」

フットボールチャンネル 10/8(土) 8:10配信

 イタリア代表との大一番を1-1のドローで終えたスペイン代表。指揮官のフレン・ロペテギ監督は、終始ゲームを支配できた点に満足感を表している。6日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 ロペテギ監督は試合後の会見で「素晴らしかった前半も踏まえ、我々はいいゲームをできたと思っている。勝ち点3を獲れなかったのは残念だが、相手はイタリアだ。最後の20分はよりダイレクトになった彼らのサッカーに対応できなかった」と振り返る。

 そして、その苦しかった時間帯については「相手はほぼ4人のFWという状態だった。うちの2人のセンターバックとアンカーはそれぞれイエローカードをもらっており、それも影響した。イタリアはカードを誘発させることできるし、彼らは非常に巧妙だ。(最後は)彼らの時間だったが、それでも我々が上回ったと思っている」と述べている。

 「満足できる内容ではあった。試合のほとんどの時間で彼らを上回っていた。良かった時間と悪かった時間を整理しなければいけない。次のアルバニア戦は過去の2戦より難しいものになりそうだ」とスペイン、イタリアが引き分けている間にグループ首位に浮上したアルバニアに警戒を示している。

フットボールチャンネル

最終更新:10/8(土) 8:22

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。