ここから本文です

神崎恵さんの美人見えメイク☆この秋、誰でも似合うのは…深み濡れツヤEYE [VOCE]

講談社 JOSEISHI.NET 10/8(土) 18:00配信

「この秋は可愛いじゃなく“キレイな女”を目指すべき」そう語る神崎恵さんが教えてくれた、秋の美人メイクってこういうこと!

フェミニンパープルEYE

「凛としてるのに女っぽさも醸し出せるそのウラハラさが好き」

「過剰に色っぽくなりがちなパープルも澄んだ発色と輝きにこだわれば取り入れやすい」

a.くすんだ発色が今っぽい。
ルナソルフェザリースモーキーアイズ 04/カネボウ化粧品 

b.グロッシーな発色。
ウイスパーグロスフォーアイ 10/THREE

色っぽレッドEYE

「開けっぴろげじゃない秘めた色気を演出するなら、“赤”が効果的」

「この秋纏うべきは赤。目元にのせるだけ成熟した色気が漂います」

c.シアーな朱色入り。
ブレンド カラー アイシャドウ EX-32/SUQQU(限定商品) 

b.ややマットな発色がおしゃれ。
レ キャトル オンブル 268/シャネル

知的グリーンライン

「ピンクにもオレンジにも似合う不思議な色。あか抜け効果も狙えます」

「賢く見えるのにキツくならない。そこが魅力」

e.メタリックな発色。
メズモライジング パフォーマンス アイライナーペンシル 03/THREE(限定商品)

f.パール入りでツヤ感も。
ザ アイシャドウ ダンサー イン ザ ダーク/アディクション ビューティ(限定商品)

(撮影:押尾健太郎)

最終更新:10/8(土) 18:00

講談社 JOSEISHI.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。