ここから本文です

ケンブリッジに続いて山縣も準決勝前に棄権 岩手国体陸上男子100メートル

THE ANSWER 10/8(土) 15:41配信

五輪リレー銀メダリスト対決実現せず、山縣は「太腿に張り」

 8日、岩手で行われている「2016希望郷いわて国体」の陸上成年男子100メートルでケンブリッジ飛鳥(ドーム)に続き、山縣亮太(セイコー)もレースを棄権した。リオデジャネイロ五輪男子400メートルリレーの銀メダリスト対決が注目されたこの日は悪天候に見舞われ、予選を前にケンブリッジが棄権。山縣も予選を10秒48で通過したものの、準決勝を棄権した。

【画像】リオ五輪に出場した日本人イケメンアスリート

 会場となった北上総合運動公園・北上陸上競技場は雨が強く降りしきり、気温は13度と非常に厳しいコンディションとなった。その条件下で予選を前にケンブリッジの棄権が伝えられると、会場には落胆の声が広がった。一方の山縣は出場を決断し、予選6組で10秒48と貫禄の走りで首位通過。しかし午後になっても天候は変わらず、悪条件が体調不良を引き起こしたのか、ケンブリッジに続いて棄権が発表された。 

 山縣は自身のツイッターでも棄権を報告。「国体準決勝を棄権しました。雨の中、レースを楽しみに来てくださった皆様、本当にありがとうございます。雨でも寒くても記録を出せるように準備をしてきましたが予選後、太腿に張りが出てしまったので今回は大事を取らせて頂きました。大変残念です」と綴っている。

 この日はリオ五輪でともにリレー銀メダルをつかんだ飯塚翔太(ミズノ)、桐生祥秀(東洋大)も会場入り。レースにはエントリーしていなかったが、リオ五輪の表彰イベントで競技場全体から喝さいを受けた。 

 山縣は広島代表として9日から始まる成年・少年男子共通の400メートルリレーに出場予定。このレースには飯塚も静岡代表でエントリーしており、対決の可能性も残されている。表彰後、記者団の質問に答えた飯塚は「岩手の皆さんが盛り上がるようなレースをしたい」と話し、モチベーションを高めている様子。それだけに9日以降の天候、そして山縣の体調の回復が待たれる。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:10/8(土) 15:46

THE ANSWER

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。