ここから本文です

Facebook発表──「初のVR体験」を目撃せよ

WIRED.jp 10/8(土) 10:10配信

フェイスブックがついに、ヴァーチャルリアリティ(VR)の世界にやって来た。創業者マーク・ザッカーバーグが「Oculus Connect」カンファレンスで同社のVRシステムを初めて披露したのだ。
ザッカーバーグは10月6日(米国時間)、カンファレンスの基調講演でフェイスブックの未来について語った。その後、「Oculus Rift」ヘッドセットを身につけ、発売予定の専用ハンドルコントローラー「Touch」を手に取ってVRシステムのデモを始めた。

【ザッカーバーグが投稿したデモ動画はこちらから】

このシステムは驚くほど完成度が高い。音声チャットをしながら自分の表情をアヴァターとして表すことができ、しかもFacebookのエコシステムに直接統合されている。

まだ名前がないこのVRシステムのデモは、ザッカーバーグのほかに2人のフェイスブック社員がアヴァターとして同じステージに登場するかたちで始まり、5分間行われた。今回のアヴァターは、そのあとのプレゼンテーションで発表された新しいアヴァターシステムとは違って、任天堂の「Mii」に似た外見をしていた。

ワープ、チャンバラ、自撮り

このデモでは、チャットに参加した全員が、ヴァーチャルのスマートウォッチを操作していた。チャット参加者はこのスマートウォッチのメニューを使うことで、新しいヴァーチャル空間に移動したり、動画を表示したり、VR空間に参加していない人と動画通話をしたりできる。

さらに彼らは、チェスやトランプといった簡単なゲームをしたり、チャンバラごっこをしたりした。チャット参加者の1人が剣を宙に描くと、それがすぐに剣に変わり、彼はその剣を手に取ってチャンバラごっこを始めたのだ。

その後、ザッカーバーグが「Messenger」を使って妻に動画通話をかけると、ヴァーチャル空間内の巨大ディスプレイに彼女の映像が表示された。

ザッカーバーグのアヴァターは、このディスプレイをあちこちに動かしたり大きさを変えたりしたあげく、妻が写っているディスプレイの横に並び、ヴァーチャル空間内で自撮り写真を撮影した(ヴァーチャルの自撮り棒を使った)。ザッカーバーグはその自撮り写真を、自分のFacebookフィードにすぐに投稿した。

今回は、システムの正式名もリリース日も明らかにされなかったが、それでもこのデモは、Facebookのソーシャル機能と、フェイスブックが2014年に20億ドルで買収したオキュラスの製品の統合を目指す初めての大きなプロジェクトを披露する機会となった。

オキュラスとフェイスブックは、2016年初めにサムスンの「Gear VR」向けアプリもリリースしている。このアプリは今回のシステムより規模の小さいものだが、ひとつのゲームを複数のプレイヤーが同じヴァーチャル空間で楽しめるものだ。

SAM MACHKOVECH, MATT KAMEN, WIRED US

最終更新:10/8(土) 10:10

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

なぜ今? 首相主導の働き方改革