ここから本文です

「とと姉ちゃん」終了にあわせ、常子のエッセイモチーフ本が売れ行き好調【エッセイ・ベストセラー】

Book Bang 10/8(土) 5:00配信

 9月26日~10月2日のAmazonのエッセイ売り上げランキングが発表され、第1位佐藤愛子さんの人気エッセイをまとめた『九十歳。何がめでたい』が獲得した。8月7日より7週連続での1位獲得となった。佐藤さんは30日に発売した『人間の煩悩』(幻冬舎)でも新書ランキングで1位を獲得している。

 第2位は出版業界からの注目が高い『〆切本』。第3位はNHK朝ドラ関連本『「暮しの手帖」とわたし』がランクインした。先週に引き続き「とと姉ちゃん」主人公の常子が連載するエッセイ「小さなしあわせ」のモチーフとなった『すてきなあなたに』の売れ行きも好調で4位、8位にランクイン。1日に終了した「とと姉ちゃん」最終週に合わせ、暮しの手帖社にも再度注目が集まっているようだ。

1位『九十歳。何がめでたい』佐藤愛子[著](小学館)

『九十歳。何がめでたい』というタイトルには、佐藤愛子さん曰く「ヤケクソが籠っています」。2016年5月まで1年に渡って『女性セブン』に連載された大人気エッセイに加筆修正を加えたものです。大正12年生まれ、今年93歳になる佐藤さんは2014年、長い作家生活の集大成として『晩鐘』を書き上げました。一度は下ろした幕を再び上げて始まった連載『九十歳。何がめでたい』は、「暴れ猪」佐藤節が全開。自分の身体に次々に起こる「故障」を嘆き、時代の「進歩」を怒り、悩める年若い人たちを叱りながらも、あたたかく鼓舞しています。ぜひ日本最高峰の名エッセイをご堪能ください。(小学館ウェブサイトより抜粋)

2位『〆切本』夏目漱石[著](左右社)

「かんにんしてくれ給へ どうしても書けないんだ……」「鉛筆を何本も削ってばかりいる」追いつめられて苦しんだはずなのに、いつのまにか叱咤激励して引っ張ってくれる……〆切とは、じつにあまのじゃくで不思議な存在である。夏目漱石から松本清張、村上春樹、そして西加奈子まで90人の書き手による悶絶と歓喜の〆切話94篇を収録。泣けて笑えて役立つ、人生の〆切エンターテイメント!(左右社ウェブサイトより)

1/2ページ

最終更新:10/8(土) 5:00

Book Bang

記事提供社からのご案内(外部サイト)

なぜ今? 首相主導の働き方改革