ここから本文です

時短簡単なヘアアレンジの秘訣4 [with]

講談社 JOSEISHI.NET 10/8(土) 18:00配信

ヌケ感のあるおしゃれなアレンジをしたいけど、そのために髪を巻くのはちょっと面倒……って日、ない?でも大丈夫! わざわざ巻かなくても、ほんのひと手間で可愛いスタイルがつくれます。

巻かずにおしゃれ☆ ヘアアレンジ

1.寝グセ大歓迎!

うっかりついてしまった寝グセ。でも、大丈夫! アレンジに必要なのは髪表面の動き。トップや毛先のハネはニュアンスとして活かしちゃお!

朝シャン派の場合は

朝シャン後の乾かし方がポイントに! 毛先を揉みこむように乾かすと毛先に動きが出て◎。この時、ムースをつけておけばクセづけも簡単。

2.スタイリング剤で、あえてゴワつかせる!

アレンジ前後で髪にスタイリング剤をつければ、髪にボリュームが出てゴワついた質感に。ニュアンスのある、無造作ヘアだって簡単にできちゃう!

3.“引き出す“ “逆毛“が命!

トップの髪を引き出すことで髪表面に凹凸ができ、ニュアンスのあるヌケ感ヘアに。また、逆毛を立てればボリュームはもちろん、毛先にも動きが出るので、外出先での手直しにもおすすめ!

ひとつまみくらいの髪を上に向かって軽く引き出す。一気に引き出さず「数回に分け少しずつ」がポイント!

毛束を少量取り毛先から中間に向かって、指を動かす。このとき、スプレーをしておくとボリューム感が持続。

4.貧乏パーマとソックカールで クセづけ!

髪全体を左右に分け、さらに上下に2等分する。分けた毛束はきつめの三つ編みにし、ゴムで結んでおく。アレンジ前にほぐせば、ゆるいウエーブに!次に、切り落とした端を外側に向かってくるくると巻き、ドーナツ状の輪っかを作る。

1.靴下のつま先部分を切り落とす。

2.高い位置でポニーテールに。輪っかの中心に毛束を通し、毛先から根元に向かって髪を巻き込んでいく。

3.写真のようなお団子になったら完成。少し時間を置き、ほどけばふんわりカールに。厚手の靴下だと髪を巻き込みにくいので、薄手のタイプが◎。

with 2016年11月号より

最終更新:10/8(土) 18:00

講談社 JOSEISHI.NET