ここから本文です

C・ロナウドがポルトガル代表で初の1試合4ゴール! 6発大勝でW杯予選初白星

Football ZONE web 10/8(土) 9:29配信

アンドラ相手に“ゴールマシン”が爆発

 ポルトガルは7日のロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選で、アンドラとホームで対戦。エースのFWクリスティアーノ・ロナウドが、代表戦では初となる1試合4得点を決める活躍で6-0と大勝し、今予選初白星を飾った。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

 開始わずか2分、左CKから相手GKが弾いたボールに素早く反応。エリア内で左足を振り抜き最初のゴールをゲットすると、同4分には左サイドMFリカルド・クアレスマのクロスを頭で合わせて追加点を奪った。

 アンドラは最大の得点源であるロナウドを止めようと激しいマークやタックルを仕掛けるが、この男には通用しなかった。FWジョアン・カンセロにもゴールが生まれて3-0となって迎えた後半2分、右サイドに抜け出したMFアンドレ・ゴメスのラストパスを右足で決めて3点目。左足、頭、右足で決めるパーフェクト・ハットトリックを達成した。

 アンドラは同17分にFWジョルディ・ルビオが2枚目のイエローカードを受けて退場。同23分にロナウドがDFジョゼ・フォンテの落としを左足で決めて4点目を決めた3分後には、MFマルク・レベスもレッドカードを受けてピッチを去った。

6-0と貫禄を見せた欧州王者

 9人となったアンドラ相手になってもポルトガルの勢いは止まらず、同41分にはアンドレ・シルバがダメ押し弾を決めて、最終的にスコアは6-0となった。

 UEFA公式サイトによれば、ロナウドが代表戦で1試合4ゴールを決めたのは今回が初めてのこと。今夏の欧州選手権を制したポルトガルは、W杯予選は初戦でスイスに0-2で敗れ黒星スタートとなっていたが、エースの爆発により初白星を獲得。グループBは2試合を終えて連勝発進の首位スイス、1勝1分と健闘するフェロー諸島に次いで、欧州王者が3位につけている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/8(土) 9:29

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。