ここから本文です

忙しいときに大事な人との人間関係を崩さない3つのコツ

ライフハッカー[日本版] 10/8(土) 21:10配信

自分の限界に挑戦し、狙った目標を達成するというのは、とてもやる気をそそられることです。大きなマイルストーンに到達したり、新しい顧客を獲得したり、新プロジェクトが始動したときなどに、キャリア願望が実現したと実感できるのは刺激的です。

自分のキャリアが大切な人は、夢を実現させるためには、犠牲が必要であることを心得ているでしょう。仕事が第一優先になり、プライベート生活は道端に置き去りになる時もあります。大切な人との貴重な時間を犠牲にして、オフィスで長時間勤務をすることが、あたりまえになったりもします。

毎週同僚とハッピーアワーに飲みに行ったり、実家に帰ったり、友達と電話で話したりすることもなくなります。皮肉なのは、仕事のスケジュールがたいへんということは、大事な人たちと過ごす時間が少ないということなのに、実はそういうときこそ、あなたはその人たちを一番必要としているということです。では、この野心のジレンマにどう対応し、忙殺期をどう乗り切ったら良いのでしょうか?

このように大事なこと同士がかち合ってしまったときの一番の解決法は、その状況に真正面から対処することです。以下の方法に従って、あなたのことを大切に思う人たちを遠ざけたり(または、ワーカホリックの烙印を押されたり)することなく、よいバランスを見つけ出しましょう。では、人間関係を壊さずにキャリアとプライベートの両立を図る3つの方法を紹介します。

1. どうサポートしてほしいか明確にする

職場でさばかなくてはならない複数のプロジェクトや、増える一方のToDoリストの存在は嫌というほどわかっているでしょうが、友達や家族は、あなたが職場でどんな1日を過ごしているか知らない、ということは忘れがちかもしれません。あなたは仕事のことで頭がいっぱいでも、あなたの大事な人たちは、あなたが注文内容をベンダーに間違えられたことや、5つの会議の準備をしなくてはならないことは、いっさい知らないのです。

あなたが仕事からいっぱいいっぱいの状態で疲れて帰ってきても、彼らの目に映るのは、あなたの閉鎖的なボディランゲージや感情のシグナルだけです。あなたのパートナーや同居人はあなたが消耗していることに気づいて、その人なりの最善を尽くしてあなたを支えようとするも、かえってあなたがイライラするような、見当違いな提案をしたりするかもしれません(「ヨガを試してみたら?」など)。普段話を聞いてないのかよ? 今仕事がいかに逼迫しているかわからないのかよ? と思ってしまいますよね。

そんなときは、防御的な態度や閉鎖的な態度を取らず、現在の仕事量を具体的に説明しましょう。そして、あなたがそれに対処するために、相手にどんな手助けをしてほしいか、ハッキリと言います。たとえばお母さんに「それよりも、こちらが仕事の話をした時にちゃんと聞いてくれると助かる」と率直に話すとか、何か家事を分担しているのなら、誰かに替わってもらい、手伝ってもらえると今週(あるいは今月)どれほど助かるか、その人に伝える――などです。誰も手伝ってくれないと愚痴るより、そのほうがよほど効果的です。

明確なコミュニケーションを図ることで、あなたの大事な人たちは、あなたのストレスのことを知ることができ、あなたは、協調的、建設的にストレスに対処できるようになります。

1/3ページ

最終更新:10/8(土) 21:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。