ここから本文です

ハイレベルなW杯欧州予選。監督交代で成長見せたイタリアとスペイン。1位通過巡る激しい争い

フットボールチャンネル 10/8(土) 9:30配信

イタリア代表は現地時間6日、ロシアW杯欧州予選でスペイン代表と対戦し、1-1で引き分けた。欧州予選は1位チームのみが本大会出場権を獲得し、2位はプレーオフへと回るレギュレーションとなっており、イタリアとスペインは1位通過を巡ってハイレベルな争いを繰り広げている。ともにEURO終了後に監督交代に踏み切った両チームだが、この試合では成長を見せていた。(文:神尾光臣【ミラノ】)

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

イタリア、ブッフォンの凡ミスで失点。スペインは監督交代が奏功

 後半10分、セルヒオ・ブスケツが縦にスルーパスを放つ。マッティア・デ・シーリオの視野から逃れてビトロが裏のスペースへ走るが、そのコースには百戦錬磨のジャンルイジ・ブッフォンが立ちはだかる。そのままエリアを飛び出してクリア…となるはずが、なんと空振り。労せずしてビトロはボールを無人のゴールへと転がした。

「いろんな考えが頭をよぎった」と、ブッフォンは試合後地元紙に語った。ロシアW杯欧州予選G組、一位通過のライバルと見なされているスペインをホームに迎えた一戦で、イタリアはこのようにしてビハインドを負った。

 堅守は伝統である。相手にポゼッションを譲り、前半のポゼッション率は27%と大きく落ちながらも、ゴールを割られていないのはさすがこの国の代表チーム。実際ブッフォンがギリギリのセーブでしのいだシーンもなく、彼が珍しい凡ミスを犯すまでスペインは点を取れなかった。

 しかし、イタリアがプラン通りに試合を運んでいる印象は受けなかった。相手に主導権をあえて譲るというのは一つの手段だが、イタリアはカウンターで攻め込めていた訳でもなく、むしろスペインにそれを封じられて攻め込まれ続けた。EURO2016の対決を経て監督交代に踏み切った両チームだが、上手く行っているのはスペイン、ものになっていないのはイタリアという印象だった。

 フレン・ロペテギ新監督のもと、スペインは見てはっきりと分かるほどスタイルに改良を加えていた。細かいパスワークという持ち味はそのままに、縦方向を意識してスピードを上げる攻撃と、ボールを奪われた後での素早いプレスを加えている。次々とイタリアにカウンターを許したEURO2016と違い、カウンターに至る前に戦術的に潰すプレーがちゃんとできていた。

1/3ページ

最終更新:10/8(土) 13:42

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。