ここから本文です

建設から半世紀を経てもなお魅力を放つ、レトロでナウい「シブいビル」10選

WIRED.jp 10/8(土) 21:10配信

1964年、東京オリンピック。高度経済成長期を迎えていた日本では都市開発が急激に進み、当世風の意匠が盛り込まれたビルが多く建てられた。そんなビルも老朽化が進み、取り壊されることが増えてきている。当時は最先端だったデザインも、いまや独特の雰囲気を醸し出す。

【丸の内、新橋、虎ノ門...昭和の記憶が詰まった「シブいビル」10点はこちら】

かつて雑誌『東京人』の副編集長を務めた編集者・鈴木伸子は、愛を込めてそんなビルを「シブい」ビルと呼ぶ。鈴木によってまとめられた『シブいビル 高度成長期生まれ・東京のビルガイド』は、「シブいビル」のガイドブックだ。本書にはデパートやホテル、オフィスビルとジャンルを問わず約20のビルが紹介されている。

ひとくちに「シブいビル」といっても、外観や内装、調度品など「シブい」ポイントはさまざま。それに、シブいのはビルそのものだけとは限らない。新橋駅前ビルの飲み屋街など、ビルの中に入っているテナントも十分に「シブい」ポイントである。

『WIRED』VOL.24では建築ラッシュに沸くニューヨークを特集したが、東京も負けず劣らず新陳代謝の激しい都市だ。そしてそれは2020年のオリンピックへ向けてより一層加速していく。「シブいビル」とは失われゆく東京の風景でもあるのだ。鈴木のInstagramには随時各地のシブいビルが追加されている。きっとあなたの身の回りにもシブいビルがあるはずだ。

WIRED.jp_IS

最終更新:10/8(土) 21:10

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。