ここから本文です

建設から半世紀を経てもなお魅力を放つ、レトロでナウい「シブいビル」10選

WIRED.jp 2016/10/8(土) 21:10配信

1964年、東京オリンピック。高度経済成長期を迎えていた日本では都市開発が急激に進み、当世風の意匠が盛り込まれたビルが多く建てられた。そんなビルも老朽化が進み、取り壊されることが増えてきている。当時は最先端だったデザインも、いまや独特の雰囲気を醸し出す。

【丸の内、新橋、虎ノ門...昭和の記憶が詰まった「シブいビル」10点はこちら】

かつて雑誌『東京人』の副編集長を務めた編集者・鈴木伸子は、愛を込めてそんなビルを「シブい」ビルと呼ぶ。鈴木によってまとめられた『シブいビル 高度成長期生まれ・東京のビルガイド』は、「シブいビル」のガイドブックだ。本書にはデパートやホテル、オフィスビルとジャンルを問わず約20のビルが紹介されている。

ひとくちに「シブいビル」といっても、外観や内装、調度品など「シブい」ポイントはさまざま。それに、シブいのはビルそのものだけとは限らない。新橋駅前ビルの飲み屋街など、ビルの中に入っているテナントも十分に「シブい」ポイントである。

『WIRED』VOL.24では建築ラッシュに沸くニューヨークを特集したが、東京も負けず劣らず新陳代謝の激しい都市だ。そしてそれは2020年のオリンピックへ向けてより一層加速していく。「シブいビル」とは失われゆく東京の風景でもあるのだ。鈴木のInstagramには随時各地のシブいビルが追加されている。きっとあなたの身の回りにもシブいビルがあるはずだ。

WIRED.jp_IS

最終更新:2016/10/8(土) 21:10

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!