ここから本文です

土屋太鳳の激走に共演者感涙、ネットでも「女優魂すごい」の声

女性自身 10/8(土) 23:22配信

女優の土屋太鳳が8日に放送されたTBS『オールスター感謝祭』の恒例人気企画「赤坂ミニマラソン」に出場。ゴール直後に倒れるほどの決死の走りをみせ、女性陣のなかで1位、全体で8位に入賞。ゴール後は、倒れこみ画面から消えるというアクシデントもあったが、土屋の女優魂に、織田裕二(48)や中谷美紀(40)をはじめスタジオは感動の涙に包まれた。

東京・赤坂のTBS放送センターの外周を4周するという同企画では、正面玄関横から伸びる傾斜のきつい道=通称“心臓破りの坂”が毎回の見どころとなっている。土屋は3周目の時点で森脇健児(49)や猫ひろし(39)、そして今回のスペシャルゲストで、リオ五輪2冠を達成したイギリスの陸上選手、モハメッド・ファラー(33)を抑え1位を独走。

4周目で猛追するファラーらに抜かれたものの、42人中8位でゴールし、女性陣で唯一入賞を果たした。しかし、ゴールした土屋はうつろな目をし、ひとりで歩けない状態。呼吸も苦しそうな様子で、司会の島崎和歌子(43)らに支えられながら画面からフェードアウトする事態に。

そのまま入賞者インタビューが進行されるなか、足を引きずりながらスタジオに戻ってきた土屋。椅子をすすめられるも「先輩方が立ってるので……」と何度も遠慮をする謙虚ぶりに、レースを見守っていた共演者をはじめ、司会の今田耕司(50)も熱い涙を流した。

椅子に座った後も、土屋は、「このマラソンを作った方は本当にすごいです。そして、『IQ246』というドラマが始まります」と息を切らしながら、自身が出演するTBS系『IQ246~華麗なる事件簿~』(16日・夜9時~)を必死に宣伝。

同ドラマで共演している中谷は、涙を流しながら「プレッシャーをかけすぎちゃいました。ごめんね」とコメント。織田も目を潤ませ「連ドラで根性があるのは知っていました。やってくれると信じていました」と拍手を送った。

ネットでは「全力で立ち向かう姿に感動した」「たおちゃんの女優魂すごい」「心配だったけどお疲れ様!感動をありがとう」など絶賛の声が寄せられている。

最終更新:10/8(土) 23:22

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。