ここから本文です

波瑠さんの瞳に釘付け!思わずドキッとしてしまう秋メイク

集英社ハピプラニュース 10/8(土) 20:00配信

時代を彩る女優が語る似合うメイクの見つけ方とは?「MAQUIA」11月号から2つの「似合う」秋メイクを紹介します。今回は女優として活躍中の波瑠さんの2つの顔をお届け。

【 PROFILE 】
波瑠
1991年、6月17日生まれ。昨年のNHK連続テレビ小説『あさが来た』のヒロイン役で一躍国民的女優に。CX系『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』では初の単独主演を果たす。現在も多くの作品が待機中。

LOOK 1(写真)
美人素材が際立つ ブラウンの陰影メイク

【 USE ITEM 】
1 ルナソル フェザリースモーキーアイズ 01 ¥5000/カネボウ化粧品 
2 カネボウ デュアルアイライナー(ペンシル) 02 ¥1500(ホルダー別売り¥1000)/カネボウインターナショナルDiv. 
3 リップスティックピュア レッドリリィ ¥2800/アディクション ビューティ(10/ 7限定発売) 
4 アイブロウ パウダー デュオ 02 ¥2500(コンパクト別売り¥1000)/ポール & ジョー ボーテ

【 HOW TO 】
茶色の瞳がより美しく映るブラウンベースのアイメイク。1のベージュを上まぶた全体に広げ、目のキワにはブラウンの2でラインを入れる。眉は4の左下のパウダーでふんわりと。チークはあえて使わず、3のリップを直塗りで。メリハリある顔立ちを最大限生かしたシンプルな陰影メイク。


LOOK 2
ボルドーが引き出す ミステリアスな魅力

【 USE ITEM 】
1 ル・プリズム・スーパーステラー ¥7900/パルファム ジバンシイ(限定) 
2 ルナソル シェイディングチークスN 01 ¥2500(ケース別売り¥1500、ブラシ¥1000)/カネボウ化粧品 
3 AQ MWルージュグロウ BR353 ¥3500/コスメデコルテ 
4 ウイスパー グロスフォーアイ 08 ¥3300/THREE

【 HOW TO 】
ボルドーの目元からミステリアスな魅力が漂うメイク。4のアイグロスを上まぶたになじませたら、1のボルドーを上まぶたの二重幅に太めに入れる。下まぶたにもキワに沿って同様のボルドーを。口元には3のリップを、チークはブラウン系の2をシェーディング感覚で入れる。目元以外の赤みを抑え、まなざしに視線を集中させるのがポイント。


「2つの顔をもつことで
女性としてより成長する」

似合うメイクは年齢によって変わっていく

 大きな瞳とツヤやかな肌。目と目が合えば同性であってもドキッとしてしまう、そんな絶大な吸引力を持つ波瑠さん。近頃は自分でメイクする機会が減ってしまったそうで、「コスメに関する知識もまだまだだし、自分に似合うメイクは見つけられていないです」と謙遜する一方、「そのときそのときによって、似合うメイクは変わっていく気がします」とも語る。「年齢によって表現したいことやマインドも変わっていくから、それに伴って似合うメイクも変化していくんじゃないかな。今はお仕事上さまざまな役柄を演じさせてもらっているので、自分自身としては、どんな色にも染まれる、いい意味で“主張のないメイク”がしっくりきます」

 今回は、そんな波瑠さんの今の気持ちにピッタリの陰影メイク。「目元だったり、眉だったり、唇だったり、素の自分を少しだけ補ってくれる、そんなベーシックなメイクが理想。チークをあえてやめてみるなど、ばっちり“キメすぎない”ことで、全体に抜け感が出るということも勉強になりました」

 現在25歳、これから年齢を重ねていく中で、波瑠さんはどんな女性像を私たちに見せてくれるのだろう。「いろいろなシーンによってメイクを使い分けられるような、そんな女性になりたいですね。ボルドーを使ったメイクは、今の私にとっては少し大人っぽいムード。ツヤっぽく仕上げた肌も新鮮でした。デイリーにというよりは、ちょっとドレスアップしたときに挑戦したいメイク。でも、こんな風に“今の自分”と“ちょっぴり背伸びした自分”、2つの似合うメイクをいつも持っていると、自分が進むべきベクトルもクリアになるし、女性としてもより大きく成長できるかもしれませんね」

最終更新:10/8(土) 20:00

集英社ハピプラニュース

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。