ここから本文です

「マンチェスターは汚い街だ」ELでマンUと対戦のゾリャ取締役が発言

フットボールチャンネル 10/8(土) 11:50配信

 EL(ヨーロッパリーグ)でマンチェスター・ユナイテッドと対戦したウクライナのゾリャ・ルハンスクのセルゲイ・ラフェイロフ取締役の発言に注目が集まっている。7日、英紙『ガーディアン』が伝えている。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 ゾリャは先月29日アウェイでユナイテッドと対戦。試合は1-0でユナイテッドが勝利を収めている。その際にラフェイロフ取締役もマンチェスターに宿泊し、その際の感想を

 「私がイングランドに行ったとき、マンチェスターにしか滞在しなかった。私はあの街が嫌いだ。街の中心にあるホテルに泊まったにもかかわらず、とても汚かった」と述べている。

 また、「マンチェスターは汚い街だ。酔っ払いがたくさんいるし、男性同士は道でキスをしていた」と述べている。12月8日にはユナイテッドがゾリャのホームに乗り込んでの試合が予定されている。

フットボールチャンネル

最終更新:10/8(土) 11:58

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。