ここから本文です

中国の英雄FWがW杯予選で低調な母国代表に激怒 「サッカーの質は金では買えない」

Football ZONE web 10/8(土) 15:45配信

3試合で勝ち点1の中国代表を、日韓W杯で10番を付けたハオ・ハイドン氏が一喝

 いわゆる“爆買い”で世界的ビッグネームを買い漁る中国の各クラブだが、代表強化となると一筋縄ではいかない模様だ。ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選グループAで、中国は6日のシリア戦に0-1と敗れ、3試合を終えて勝ち点1の5位と出遅れている。この状況に2002年の日韓W杯で背番号10を付けたレジェンドが、「サッカーの質は外国人選手を雇うだけで向上するわけではない」とSNS上で発信したと、米スポーツ専門テレビ局「ESPN」が報じている。

【写真&リスト一覧】ハリルジャパン全27選手「最新推定市場価格ランキング」

 中国は同予選初戦の韓国戦を打ち合いの末に2-3で落とし、続くイラン戦はスコアレスドロー。2戦連続でのホームゲームとなったシリア戦では勝利が義務づけられたものの完封負けを喫し、3試合で勝ち点1にとどまっている。

 中国サッカーリーグは景気の好況を受け、広州恒大や上海上港などがこぞって世界的なビッグネームをかき集めている。その一方で代表チームの成績は芳しくなく、アジアカップの最高成績も自国開催だった04年大会の準優勝で、この時はジーコ監督が率いた日本に対してなす術なく敗れている。

 肝心のW杯は、06年ドイツ大会以降3大会連続で出場権を逃している。こうした現状に黙っていられなかったのが、かつて代表の10番を背負ったハオ・ハイドン氏だ。シリア戦直後に「シリアはサッカーのインテリジェンス、試合の流れを読む力が優れていた」とSNS上で相手を称えつつ、それ以降は母国への辛辣な言葉が並んだ。

「この国に本当のフットボールの質はない」

「我々はなんら戦術的なシステムを持っていない。何カ月もプレーしていないレン・ハンのような選手が、なぜ代表入りできるんだろうか? このチームの管理体制は悪い冗談だ」

 ハオ氏の怒りの矛先は代表チームだけでなく、中国サッカーの“成金”ぶりにも向かった。

「サッカーの質は外国人のビッグネームを雇うことだけで簡単に向上していくものではない。それは強化なんかではない。単なる娯楽だ。この国には本当のフットボールの質なんていうものはない。今、中国人選手は大金を稼いでいる。しかし代表チームで予選を戦う時、そのバブルは弾けている」

 このように実力不足の代表チームを徹底的にこき下ろした。果たして選手たちはレジェンドの喝に反発心を持って、逆襲することができるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/8(土) 15:45

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。