ここから本文です

欧州組をよく知る豪州代表FWが日本を警戒 「技術的に素晴らしい」とクオリティーの高さを称賛

Football ZONE web 10/8(土) 17:48配信

レバークーゼンのクルーズが打倒日本へ自信を見せる

 オーストラリア代表FWロビー・クルーズ(レバークーゼン)が、11日に控えるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第4節の日本戦を、予選の鍵を握る一戦と位置づけている。日本を「ファンタスティック」「素晴らしい技術」と評価しながらも、「僕らは勝ち点3を手にすることができる」と打倒日本へ自信を見せている。オーストラリア紙「ヘラルド・サン」が報じた。

【写真&リスト一覧】ハリルジャパン全27選手「最新推定市場価格ランキング」

 最終予選3試合を消化し、オーストラリアは2勝1分でサウジアラビアと並ぶが得失点差の関係で首位に立っている。日本は初戦のUAE戦を落とし2勝1敗で4位と出遅れたが、クルーズはホームでの日本戦を大一番と捉え、プレッシャーも感じているようだ。「日本戦は非常に大きな試合だ。勝利を手にできれば、ほっと一息つくことができるだろうね」と、この試合での1勝が持つ意味の大きさを語った。

 クルーズは「本当にタイトなゲームだが、僕らはすでに2つのタフなアウェーゲームを戦ってきた。アジアを勝ち抜くために簡単な予選はない」と油断を微塵も感じさせていない。

 現在レバークーゼンでプレーするクルーズ。今季はいまだリーグ戦出場はゼロだが、過去にはフォルトゥナ・デュッセルドルフで2012-13シーズンにFW大前元紀(清水エスパルス)と同僚で、MF香川真司(ドルトムント)やMF長谷部誠(フランクフルト)らドイツでプレーする日本人選手のことはよく知っているという。日本のことを絶賛しながらも、オーストラリアが勝利をできると自信満々のコメントも残している。

「骨の折れる仕事になるはずだが…」

「彼らは少し苦しんでいるようだね。(イラク戦は)終盤に得点して勝っていたが、彼らはファンタスティックなチームで、この試合に向けて調子を上げてくるだろう」

「僕は多くの日本人選手と同じくブンデスリーガでプレーしている。だから彼らがいかに技術的に素晴らしく、どんな戦術で戦うかは分かっている。骨の折れる仕事になるだろうけど、彼らはトライしてくる。うまくいけば、素晴らしい景色を見ることができるだろう。僕らは3ポイントを手にすることができる」

 日本(勝ち点6)とオーストラリア(同7)が同居するグループBは、サウジアラビア(同7)とUAE(同6)も含めて勝ち点差1の中に4チームがひしめく大混戦となっている。11日の直接対決で、どちらかがこのデッドヒートから一歩抜け出すことになるのか。ロシアW杯行きを懸けた壮絶な一戦になるのは間違いない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/8(土) 17:48

Football ZONE web