ここから本文です

痛恨のPK献上のS・ラモス「私は批判に押しつぶされない」

フットボールチャンネル 10/8(土) 12:50配信

 ドローに終わった、ワールドカップ欧州予選のイタリア代表対スペイン代表の一戦。この試合で、痛恨のファウルを犯しPKを献上したスペイン代表DFセルヒオ・ラモスは湧き上がるであろう批判の声に「私は批判に潰されない」と述べている。6日、スペイン紙『アス』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 敵地での勝ち点3も見えてきた終盤、イタリアにPK献上をしてしまったセルヒオ・ラモス。自身のファウルについて「厳しいジャッジだと思っている。。。だが、審判を非難しようとは思わない。あのPKを除けば、ポゼッションも含めいい試合だった。だが、サッカーとはこういうものであり、些細なことが左右するものだ」と述べる。

 そして、今回のファウルが批判を集めるであろうという声に対し「スペインとイタリアの違いは、ブッフォンに象徴される。彼はミスを犯したが、称賛され、励まされる。だが、スペインではブーイングだ」と述べ、そして「私が沈黙するであろうから、私を傷つけたいと思っている人々は喜んでいることだろう。今や私は丸裸の状態だ。だが、私は媚びへつらうことはないし、批判が私を打ち壊すこともない」とコメントしている。

 しかし、この試合そのものについては「誇らしいゲームだ。ファウルについてはそうは思っていないが。我々が見せた激しさ、気持ちは非常に高いレベルのものだった。彼らも個性を発揮した。我々は偉大なチームと引き分けたのだ。EUROで彼らに敗れたときに比べ大きく変わったことを示したのだ」と述べている。

フットボールチャンネル

最終更新:10/8(土) 13:17

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。