ここから本文です

米メディアがハリルJに疑問符 「動きは鈍く、組織的にも疑わしい」と選手&監督を酷評

Football ZONE web 10/8(土) 20:50配信

「FOXスポーツ」が3節終了時のW杯アジア最終予選を総括

 日本代表は11日に、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第4節で難敵オーストラリアと対戦する。グループBは勝ち点差1の中に4チームがひしめく大混戦となっているが、2勝1敗の勝ち点6で4位につけるハリルジャパンには厳しい論評が下されている。

【写真&リスト一覧】ハリルジャパン全27選手「最新推定市場価格ランキング」

 米スポーツ専門テレビ局「FOXスポーツ」のアジア版が、ここまでのW杯アジア最終予選を総括しているが、日本は「予選突破のためにもがき苦しんでいる」、「動きは鈍く、組織的にも疑わしい」と酷評された。

 日本は9月2日に行われたホームでの初戦で、UAEに1-2とまさかの敗戦を喫した。続くタイ戦(2-0)、イラク戦(2-1)に連勝して巻き返しているが、記事では「日本は予選突破のためにもがき苦しんでいるようだ」として、アジア王者に4度輝いた経験を持つ日本が苦戦する様子を伝えている。

 「順位表を見る限りでは、アジアフットボール界の伝統的な強豪国は3試合で6ポイントを獲得し、いい位置につけているように見えるが、パフォーマンスは決して印象的ではない」と、内容的に決して褒められたものではないと指摘されている。

「プレーは不安定で何度も誤ったパスを…」

 同メディアの日本に対するバッシングは、これだけでは終わらない。「クラブでレギュラーになれていないヨーロッパのスターたちや、自分の仕事を手放さないためにと大きなプレッシャーにさらされている(ハリルホジッチ)監督。プレーの出来栄えは不安で、それゆえに何度も誤ったパスをし、動きは鈍く、組織的にも疑わしい」と選手、監督ともに酷評されている。

 9月に発表された最新のFIFAランキングでは56位となり、アジアでも6位にまで後退した日本。45位のオーストラリアとは、過去W杯予選で4分2敗と圧倒的に分が悪いが、敵地で迎える大一番でライバルを叩けば、ハリルジャパンに対する疑念は一気に払拭されるかもしれない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/8(土) 20:50

Football ZONE web