ここから本文です

若本規夫・緑川光・小野大輔がフリーダムに暴れる「スーパー桃太郎」に大反響!「こんなイケボの『どんぶらこ』初めて聞いたwww」

ダ・ヴィンチニュース 10/8(土) 18:00配信

 NEXUS株式会社が“スーパー紙芝居”プロジェクトを立ち上げた。その名も「スーパー桃太郎」。絵は『ゲゲゲの鬼太郎』の水木プロダクションの新作描き起こし、声の出演には南明奈に加え、声優の若本規夫、緑川光、小野大輔という超豪華ラインナップ、音楽は40mP(ボカロP)がテーマソング「ももたろう冒険記」を作詞・作曲と、奇跡のコラボが実現。ネット上では動画が公開されるや否や「やばいwww」「ヤバすぎるwww」「これはヤバい!」と、思わず語彙力を失うほどの衝撃を受ける人が続出している。

 「スーパー桃太郎」のストーリーは基本的に昔話の桃太郎に沿っているのだが、使う言葉が非常に現代的。さらに声優たちの“アドリブ”と思えるようなコネタや、ノリノリの演技が注目ポイント。ちなみに声優は3人で10役をこなしている。

 「お爺さんは芝刈りに、お婆さんは川へ洗濯に~」という冒頭のシーンでは、お爺さん役の小野が「行ってくるぜマイハニー。お前のこと愛してる。世界で一番愛してる。来世でもずっと一緒だぞ。俺のこと忘れるの禁止な」と、甘い言葉でお婆さんに語り掛けるのだが、お婆さん役を演じているのはまさかの若本だったため「やぁ~めてくだしゃいなっ、そんな入れ歯が浮くようなせーりふっ。いってきまっしゅっ、マイダーリン」と、ご存じ若本節の台詞回しで答えていた。この展開には「なんだこの夫婦www」「若本がノリノリ過ぎるwww」「絵とイケボが全然あってねえwww」と笑わずにはいられないよう。

 さらに桃役の緑川は、桃が川から流れてくるシーンで「あーどんぶらこ、あーどんぶらこ、あーどんぶり食いてえ」と超イケボを発し、「桃がイケボ過ぎるwww」「こんなイケボの『どんぶらこ』初めて聞いたwww」と視聴者から大反響。そして桃から生まれた男の子に「NEXUS太郎」と名付けようとするシーンでは、男の子から「やだよ、そんなキラキラネームじゃ恥ずかしくて学校行けないよ」と現代風のツッコミが飛んだ。他にも「イケボだからいいや」と一癖も二癖もある犬や猿を仲間にする桃太郎など、かなり突き抜けている。

 声優の演技はもちろん凄かったのだが、桃太郎役の南明奈も大絶賛されているので、是非一度視聴してみよう!

最終更新:10/8(土) 18:00

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。