ここから本文です

ロシア産メッセージアプリ「テレグラム」 ゲーム導入で収益化を模索

Forbes JAPAN 10/8(土) 8:00配信

メッセージを暗号化送信し、機密性の高さで支持を集めるメッセージアプリ「テレグラム(Telegram)」がゲームの導入を公表した。テレグラムは10月3日、アンドロイド向けアプリにゲーム機能を実装した。同社は今後のゲーム数の増強のため、ゲーム開発会社らに呼びかけを行なっている。



ロシア人創業者でCEOのパーベル・ドゥロフは「今後はセキュリティの高さに加え、娯楽的な面でもユーザーにアピールしていく」と語った。

テレグラムは2013年の創業以来、赤字が続いている。ロシア最大のSNS企業Vkontakteの株式の売却金を元手に起業した31歳のドゥロフは、自己資金でテレグラムを運営している。月間アクティブユーザー数は約1億人で、3分の1はイラン人だ。ユーザーは写真や音楽、動画をやりとりするが、運営のコストは低くはない。

ドゥロフは今年初めから、決済システムの構築を言明している。テレグラムのゲームは今のところ無料で遊べるが、今後、テレグラムアプリやbotの開発者が課金システムを導入し、テレグラムがその一部を受け取ることも可能になるだろう。

チャットアプリにとって、ゲームの導入は生き残りのための不可欠な要素になるかもしれない。日本やアジアで人気のLINEは2012年7月にゲーム機能を追加し、3年も経たない2015年に売上高を10億ドル(約1,000億円)まで拡大した。売上の約4割はゲームや音楽、などのコンテンツから生み出されている。

テレグラムが決済システムを構築すれば、売上の増加が見込める。それに伴いゲームを増やせば、さらに新たなユーザーを呼び込む効果も期待できそうだ。

競合のLINEやWeChatは数億人規模のユーザーを抱え、WhatsAppとフェイスブックメッセンジャーに至ってはユーザー数が10億を超えている。テレグラムも実力のある挑戦者だが、アクティブユーザー数ではこれらの大手にはかなわない。エンタメ機能の強化が果たしてテレグラムに成長をもたらすか、今後の動きに注目したい。

Parmy Olson

最終更新:10/8(土) 8:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント