ここから本文です

ニルヴァーナ『ネヴァーマインド』、知られざる10の真実

ローリングストーン日本版 10/8(土) 16:30配信

『ネヴァーマインド』のジャケットのアイディアからジョン・レノンの影響から驚くべき仮タイトルまで、グランジを世界中に知らしめた1991年の金字塔に隠されたストーリーの数々とは?

ニルヴァーナ『ネヴァーマインド』、25年の時を経て公開された未発表写真

発売から25年が経ってなお、ニルヴァーナの『ネヴァーマインド』は史上最高のアルバムのひとつとして語り継がれている。同作はバンドの名前を世界中に知らしめただけでなく、グランジとオルタナティブ・ロックがラジオやMTVを独占する時代の到来を告げた。パンクの強烈なエネルギーと耳に残るフックを併せ持った同作の爆発的なヒットは、その代償としてカート・コバーンに若者たちの代弁者という重い役割を課し、その3年後に彼は自ら命を絶ってしまう。

プロデューサーにブッチ・ヴィグを迎え、ウィスコンシンとロサンゼルスで1年間の制作期間を経て完成した同作により、バンドは途方もない成功を手にし、コバーンは時代の寵児となった。2400万枚という驚異的なセールスを記録し、様々な逸話を生み出した『ネヴァーマインド』は、現在でも世代やジャンルの壁を越えた幅広いリスナーから絶大な支持を集めている。同作の発売25周年を記念し、一時代を築いた歴史的名盤の知られざる10の事実を以下で紹介する。

1. 1990年にバンドがブッチ・ヴィグとレコーディングを開始した当時、『ネヴァーマインド』はサブ・ポップからリリースされる予定だった。

バンドが『ブリーチ』に続くセカンドアルバムの制作に着手したのは、その発表から1年以上前のことだった。サブ・ポップの共同設立者であるブルース・パヴィットから紹介されたブッチ・ヴィグとともに、彼らはまず6曲をレコーディングする。彼らがソニック・ユースとのツアーを経て注目を集め始めていたこともあり、当時サブ・ポップはメジャーレーベルとの流通契約を模索していた。一方ウィスコンシンでヴィグと共にレコーディングを行っていたバンドは、アルバムに収録される『リチウム』や『ポリー』のデモを仕上げる。その後バンドはメジャーレーベルと契約し、デモ曲群はロサンゼルスのサウンド・シティで完成することになった。

2. ニルヴァーナにゲフィンとの契約を促したのはソニック・ユースだった。

チャールズ・R・クロス著の『Heavier Than Heaven カート・コバーン・バイオグラフィー』によると、カート・コバーンはソニック・ユースのキム・ゴードンとサーストン・ムーアに絶大な信頼を寄せていたとされる。ソニック・ユースの大ファンだった彼は、1991年にニルヴァーナが彼らの前座に抜擢されたことを光栄に感じていたという。同じくニルヴァーナのファンだったソニック・ユースの2人は、彼らをマネージメント会社のゴールド・マウンテンと引き合わせただけでなく、メジャーレーベルのゲフィンとの契約を後押しした。

1/3ページ

最終更新:10/8(土) 16:30

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。