ここから本文です

メタリカの猛る新曲『モス・イントゥ・フレーム』、MVのメイキング映像が公開

ローリングストーン日本版 10/8(土) 15:00配信

「モダンとトラディショナルの両要素を取り入れた」と話すディレクターのトム・カークは、フォークリフトで遊ぶジェイムズ・ヘットフィールドの姿などを捉えた。

【動画あり】メタリカの猛る新曲『モス・イントゥ・フレーム』、MVのメイキング映像が公開

本映像では重労働を伴った撮影プロセスや、古き良きロックンロールの魅力とモダンな要素の共存といったテーマが、ディレクターを務めたトム・カークの視点で描かれている。また映像には、メタリカへの思いについて語るカーク自身の姿も収録されている。「ギター、ベース、ドラム、そして猛るヴォーカルのコンビネーションが持つパワーを、僕はメタリカから学んだ。彼らと仕事をする機会を、僕は長い間待ち望んでいたんだ」。

また本映像には、フォークリフトで遊ぶジェイムズ・ヘットフィールドの姿など、微笑ましいシーンも登場する。

メタリカの『モス・イントゥ・フレーム』は、9月に人気ラジオ番組『ハワード・スターン・ショー』で初公開された。ミュージックビデオとそのメイキング映像のほか、バンドは同曲のレコーディング過程を描いたミニドキュメンタリーも公開している。

メタリカは新作からのファースト・シングル『ハードワイアード』を8月に公開した。2008年作『デス・マグネティック』以来、8年ぶりとなる新作『ハードワイアード…トゥ・セルフ・ディストラクト』は11月18日に発売される。

Translation by Masaaki Yoshida

JON BLISTEIN

最終更新:10/8(土) 15:10

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。