ここから本文です

ブルーノ・マーズ、最新アルバム『24K Magic』からMV公開:「この曲はパーティへの招待状」

ローリングストーン日本版 10/8(土) 12:30配信

ブルーノ・マーズが、最新アルバム『24K Magic』からのファーストシングル『24K Magic』のMVを公開した。

【動画あり】ブルーノ・マーズ、最新アルバム『24K Magic』からMV公開:「この曲はパーティへの招待状」

ブルーノ・マーズが、ニューアルバム『24K Magic』(ジャケットでは、『XXIVk Magic』とローマ数字表記)のリリース予定を発表し、アルバムのファーストシングルであるタイトルトラックのMVを公開した。同アルバムは、アトランティック・レコードから11月18日にリリースされる。また、公開されたシングルは、iTunesで購入可能となっている。

きらびやかでうっとりするようなディスコ・ファンクな同曲のMVは、ラスベガスの地に上陸したプライベートジェットの映像で始まる。ブルーノ・マーズは、飛行機の外でギャングと、プールサイドでビキニを着たダンサーたちと、ビートに合わせたダンスを披露する。「僕はいくらかお金を持ってるデンジャラスな男」。こうブルーノ・マーズは警告してみせるが、ノリノリなMVの雰囲気と、曲中で繰り返される「空中に漂う24カラット・マジック(24 karat magic in the air)」という歌詞から感じられるように、『24K Magic』はパーティ感溢れる仕上がりになっている。MVは、ブルーノ・マーズが長年のコラボレーターのキャメロン・ダディと共に手掛けた。

「『24k Magic』を発表できることに興奮してる。今週の金曜日に公開!!」。ブルーノ・マーズは、こう10月3日(月)にインスタグラムで告知していた。「ファーストシングルって言っても構わないけど、僕はこの曲をパーティへの招待状って呼んでるんだ」

『24K Magic』は、大ヒットを記録したセカンドアルバム『アンオーソドックス・ジュークボックス』に続くアルバムとなる。全米アルバム・チャート(Billboard 200)で首位を獲得した『アンオーソドックス・ジュークボックス』からは、『ロックド・アウト・オブ・ヘヴン』『トレジャー』『君がいたあの頃に』といった数々のヒット曲が誕生した。

『アンオーソドックス・ジュークボックス』発表から4年の間、ブルーノ・マーズはマーク・ロンソンの『アップタウン・ファンク』に、ソングライター、プロデューサー、ヴォーカルとして参加した。同曲は、2015年に全米チャートで14週連続1位を獲得し、同年の最もヒットした曲となった。また、アデルのアルバム『25』の収録曲『オール・アイ・アスク』(公式シングルとしてリリースされていないにもかかわらず、ビルボードのチャートに食い込んでみせた)にも、ソングライター、プロデューサーとして参加している。さらに、2014年と2016 年には、スーパーボウルのハーフタイムショーでパフォーマンスを行った。

「実はちょうど今、ブルーノ・マーズと制作中なんだ」。こうスクリレックスは、6月にビルボード誌に話していた。「どんなサウンドか詳しくは言わないけど、今作ってるのは、これまでと全く違う、最高で次のレベルのもので、今まで聴いたことがないサウンドになってる。スタジオに誰かと一緒に入ってコラボレーションするたびに、新しいことを発見したり、学ぶことができるんだ。それに、自分の知ってる世界から飛び出せることも大好きだし、音楽でそういう経験ができる場所って、他にはないよね」

また、長年ブルーノ・マーズのベースを担当しているジャマレオ・アーティスは、9月にベース・プレイヤー誌に対して次のように話していた。「1年くらい、アルバムに取り組んでて、いろんなアイデアを試したり実験してるんだ。最終的に何が収録されるかは分からないけど、新しいサウンドになる予定。今のところ、グルーヴ感満載の曲になってるね。今年のどこかでリリースされて、その後はまたツアーに出ることになるんだ」

ブルーノ・マーズは、10月15日に米人気テレビ番組『サタデー・ナイト・ライヴ』に4度目の出演を果たすことが決まっている。

Translation by Miori Aien

Althea Legaspi, Ryan Reed

最終更新:10/8(土) 12:30

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。