ここから本文です

第一子出産直前の夫人は大反対…戦力外からグランパス復帰した闘莉王の男気

週プレNEWS 10/8(土) 6:00配信

一時はJ2降格が確実視されていた名古屋グランパスが息を吹き返した。

きっかけは同チームの元キャプテン・田中マルクス闘莉王(35歳)の復帰だ。8月26日にブラジルから来日してチームに合流するや、それまで19戦勝ちナシのグランパスは、その後の3試合を2勝1敗と勝ち越し、14位の新潟、15位の磐田と勝ち点9で肩を並べた(降格は16~18位)。

スポーツライターの小崎仁久氏は、闘莉王の復帰がグランパスイレブンに与えた影響は大きいと話す。

「ブラジルにいる奥さんが第1子の出産直前で、日本へ渡ることを大反対したそうです。しかし、それを押し切り、かつての仲間たちを救うために闘莉王は飛行機に乗った。

その第1子が生まれたのは新潟戦に勝利した9月10日。子供好きで知られる彼のことですから、出産に立ち会えないのは苦しかったでしょう。しかし、それでも抜群のリーダーシップでチームを牽引(けんいん)した。その姿にチームメイトは鼓舞されたに違いありません」

実は闘莉王とグランパスの関係は、決して良好ではなかった。小崎氏が続ける。

「今年1月に彼がグランパスを去ったのは、契約更改でフロントから減俸とDFから“3番手のFW”への配置転換を言い渡されたことにあるといわれています。それは、『DFとしては戦力外だけど、チームには残してあげる』ということ。闘莉王のプライドは傷つきました。10年にはチームを初のJ1優勝に導くなど、その功績を考えればフロントは不誠実です。しかし、そんな遺恨があっても、彼はグランパスに戻ってきてくれた」

果たして、闘莉王はグランパスをJ1残留に導けるのだろうか? スポーツライターの杉山茂樹氏はこう言う。

「スピードの衰えは顕著ですが、彼の威圧感は下位チームにはまだ通用する。ただ、グランパスのJ1残留の可能性はそれでも50%ぐらいかと」

不屈の闘将の戦いは、まだ始まったばかりだ。

最終更新:10/8(土) 17:49

週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊プレイボーイ

集英社

No.51
12月5日(月)発売

特別定価470円(税込)

トランプが仕掛ける新条約が鬼すぎ!/アス
トンマーティンCEOを独占直撃!/スマホ
3大キャリアを卒業しよう【グラビア】馬場
ふみか/鈴木ふみ奈/松本愛/三城千咲 他

Yahoo!ニュースからのお知らせ