ここから本文です

PCパーツショップ名物店員の意外とアナログな仕事机【デキる男の仕事場拝見】

HARBOR BUSINESS Online 10/8(土) 9:10配信

いい仕事はいい環境から生まれる。われわれが勤務時間の大半を過ごす“デスクまわり”を、達人はどのように作り上げているのか?

◆PCパーツ代理店の名物社員森田健介[アユート・営業部]

 かつて、秋葉原のPCパーツショップで名物店員として名を馳せ、現在は総合代理店「アユート」に勤める森田健介氏。同社でセールス&マーケティングを担当する傍ら、マニア向けにオリジナル製品の企画も手掛けている。そんな森田さんのディープなデスクを拝見!

「職場には、それほどマニアックなものは置いてませんよ(笑)。強いて言えばこの28インチの4Kディスプレイでしょうか(右側)。エクセルを開けば一気に『AZ』の列まで表示できるほどの解像度で、複数のファイルを同時に表示するのに便利なんです。商品管理には多数のファイルがついて回りますからね。もっとも、事務作業で4Kにまで手を出す人は少数派だと思いますが……」

 担当アイテムは常時50品ほどになるが、サンプルなどは別室のロッカーで管理。複数のスマホやタブレットを充電するために、5ポートのUSB充電器は必須だという。

 製品のアイデアなどをまとめるときは、意外にも「ノート&ペン」派だという森田さんだが、もちろんキーボードにもこだわりがあった。愛用の品は、玄人筋に人気の高い「ハッピーハッキングキーボード」である。

「テンキーなどの余計なキーが一切なく、コンパクトなのにキータッチが深めでしっかりしているんです。キー配列にクセがあるので、慣れないと使いづらい部分もあるんですが、自分としては『こういう仕事をしているのにフツーのキーボードを使っていてどうする』みたいな気持ちもありますね」

 アキバの元カリスマ店員にふさわしい、さりげなくギークの矜持を感じさせるデスクまわりだ。<取材・文/HBO取材班>

ハーバー・ビジネス・オンライン

最終更新:10/8(土) 9:10

HARBOR BUSINESS Online

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。