ここから本文です

PCパーツショップ名物店員の意外とアナログな仕事机【デキる男の仕事場拝見】

HARBOR BUSINESS Online 2016/10/8(土) 9:10配信

いい仕事はいい環境から生まれる。われわれが勤務時間の大半を過ごす“デスクまわり”を、達人はどのように作り上げているのか?

◆PCパーツ代理店の名物社員森田健介[アユート・営業部]

 かつて、秋葉原のPCパーツショップで名物店員として名を馳せ、現在は総合代理店「アユート」に勤める森田健介氏。同社でセールス&マーケティングを担当する傍ら、マニア向けにオリジナル製品の企画も手掛けている。そんな森田さんのディープなデスクを拝見!

「職場には、それほどマニアックなものは置いてませんよ(笑)。強いて言えばこの28インチの4Kディスプレイでしょうか(右側)。エクセルを開けば一気に『AZ』の列まで表示できるほどの解像度で、複数のファイルを同時に表示するのに便利なんです。商品管理には多数のファイルがついて回りますからね。もっとも、事務作業で4Kにまで手を出す人は少数派だと思いますが……」

 担当アイテムは常時50品ほどになるが、サンプルなどは別室のロッカーで管理。複数のスマホやタブレットを充電するために、5ポートのUSB充電器は必須だという。

 製品のアイデアなどをまとめるときは、意外にも「ノート&ペン」派だという森田さんだが、もちろんキーボードにもこだわりがあった。愛用の品は、玄人筋に人気の高い「ハッピーハッキングキーボード」である。

「テンキーなどの余計なキーが一切なく、コンパクトなのにキータッチが深めでしっかりしているんです。キー配列にクセがあるので、慣れないと使いづらい部分もあるんですが、自分としては『こういう仕事をしているのにフツーのキーボードを使っていてどうする』みたいな気持ちもありますね」

 アキバの元カリスマ店員にふさわしい、さりげなくギークの矜持を感じさせるデスクまわりだ。<取材・文/HBO取材班>

ハーバー・ビジネス・オンライン

最終更新:2016/10/8(土) 9:10

HARBOR BUSINESS Online

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!