ここから本文です

「のん」グラビア撮影の舞台裏に迫る メイキングムービーを特別公開! CREA 2016年11月号

CREA WEB 10/8(土) 12:01配信

 CREA2016年11月号「のん 鎌倉の休日」の撮影の裏側をお届けします。

第2回 ポテトチップが大好き! 
第3回 お寺の猫と戯れる

 本名の能年玲奈から名前を改め、この秋、いよいよ本格的に再スタートを切った女優のんが、「CREA」2016年11月号に登場している。

 7月に23歳となった彼女が元気な姿を見せているのは、9月初めに鎌倉の各所で撮影を行った大型企画「PEOPLE/のん 鎌倉の休日」。撮影を手がけたのは2015年、第40回木村伊兵衛写真賞を受賞した注目のフォトグラファー、川島小鳥だ。彼が佐渡島に住む女の子を一年にわたって撮り続けた写真集『未来ちゃん』は、のんのお気に入りでもある。

 誌面には、砂浜を裸足で歩き、木登りに挑み、こけしとマトリョーシカの店でおどける愛らしい様子が掲載され、インタビューでは「空白」の日々や現在の心境、思い描く将来像についても語っている。

 今回は特別に、そのメイキングムービーを公開。砂浜での撮影風景や、猫と触れ合う様子、インタビューの一部など、彼女の「今」がギュッと詰まった3分半は、ファンならずとも必見だ。

本名の能年玲奈から名前を改め、この秋、いよいよ本格的に再スタートを切った女優のん。CREA2016年11月号「PEOPLE/のん 鎌倉の休日」の撮影では、フォトグラファー川島小鳥とともに鎌倉へ。その撮影風景、インタビューの一部を収録したメイキングムービーを特別公開します! 

 また、冒頭の写真は誌面には掲載していないアザーカットからの一点。のんは大好物だというハンバーグに「おいしい!」とかぶりついているところ。撮影場所は、鎌倉市長谷にある老舗の洋食屋「CARO」。野菜やすじ肉を2週間以上じっくり煮込んだデミグラスソースが自慢の、地元の名店だ。アザーカットの公開は今後、第2弾、第3弾も予定している。

 のんが声優として初主演したアニメーション映画『この世界の片隅に』は2016年11月12日(土)に全国公開となる。

のん
1993年7月13日生まれ。兵庫県の山間の町、神崎郡神河町で育つ。13歳のとき、雑誌「ニコラ」のモデルオーディションでグランプリに輝き、中学卒業後に上京。2013年、主演したNHK連続テレビ小説「あまちゃん」が大ヒット。翌14年には映画『ホットロード』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した。16年7月、芸名を本名の能年玲奈からのんに。

『この世界の片隅に』
昭和19年、18歳のすず(のん)は軍港の街・呉に嫁いでくる。こうの史代の名作を『マイマイ新子と千年の魔法』の片渕須直監督が映画化。過酷な戦時下を、明るく活き活きと生きるすずの姿が感動を呼ぶ。繊細な映像表現とコトリンゴの音楽も見事に融合。
2016年11月12日全国公開
(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
http://konosekai.jp/

ブラウス 26,000円/オオシマ レイ(マチュピチュ)

マチュピチュ
電話番号 03-5459-3713

CREA編集部

最終更新:10/21(金) 12:06

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年1月号
12月7日発売

定価780円(税込)

食べてのんびり、また食べる
ゆるむ、台湾。

Jun.K(From 2PM)「これからも僕らは」
台湾二大人気占い師が占う「2017年わたしの運命」

ほか

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。